牛やヤクのいる光景(5)

このページでは既存ページから転載し,ジュベルサムハン(オマーン)の牛,ムドヘの牛(ネパール),ダーラカルカのヤク(同),ヤングレカルカのヤク(同),ラフコルタ湖手前の牛(ペルー),ジェラゾヴァヴォラの牛(ポーランド),アルタイの牛(中国新疆ウイグル),買登峪の牛(同),昭蘇平原の牛(同),康定のヤク(中国四川省),タークーニャン山のヤク(同)の写真を載せました.

ジュベルサムハン(オマーン)の牛

ジュベルサムハン(Jebel Samhan)の牛

ジュベルサムハン(Jebel Samhan)の牛

これまで通ってぉたオマーン北部では牛を見ることがなかった.それがここ南部で高原のジュベルサムハン(Jebel Samhan)にやって来たらしばしば牛の放牧シーンが見える.これまで通ってきた荒れ地の平原,ハジャール山脈では草が育たないので放牧できないのだが,ここは草が生えている(草ぼうぼうではなく,控え目だが)からであろう.

以上オマーン縦断2016/ジュベルサムハンのページから.

カルダマ峠(キルギス)

カルダマ峠(Kaldama Pass)下の牛

カルダマ峠(Kaldama Pass)下の牛

カルダマ峠から暫く下った.牛が集まる庭にまた一軒のユルトがあった.周りはお花がいっぱいだが,家畜は普通花は食べないらしい.

以上キルギス紀行2016/カザールマンのページから.

クルマク峠のヤク(キルギス)

クルマク峠(Kalmak Pass)のヤク

クルマク峠(Kalmak Pass)のヤク

ルマク峠からは緑の斜面をトラバースし緩やかに下る.少し下るとヤクの遊ぶヤクが原に至った.ヤクがいるということはまだ相当高い標高であろう.間近に眺めるヤクはやはり大きいな~

以上キルギス紀行2016/クルマク峠のページから.

イシククル湖北岸の牛(キルギス)

イシククル湖(Issykkul)北岸の牛

イシククル湖(Issykkul)北岸の牛

馬に跨ったカウボーイに連れられ,牛の群れがイシククル湖北岸道路を進む.進む車に,反対向きの車,色々入り乱れて,ちゃんとそれなりに進む.

以上キルギス紀行2016/スキタイ古墳のページから.

ヌブデンの牛(ブータン)

ヌブデン(Nubding)の牛

ヌブデン(Nubding)の牛

擁壁が完成した区間だ.これで大分安心できるようになったと見えて牛の親子が散歩している.

以上ブータン紀行2016/東西横断道のページから.

キキラ峠の牛(ブータン)

キキラ峠(Kiki La)の牛

キキラ峠(Kiki La)の牛

キキラ峠近く,柵で囲まれた牧場には牛が草を喰んでいる.殺生できないので牛は殆どミルクが目的だそうだ.ミルクはブータン料理に必須のバターやチーズなどに多く加工され,多用されている.

以上ブータン紀行2016/トンサのページから.

トンサの牛(ブータン)

トンサ(Trongsa)の牛

トンサ(Trongsa)の牛

前方には牛の列がどこまでも続いている.ブータンでこれほど大量の牛を飼育している農家があるなんて....ただこの列は数軒纏まって夏の牧草地に移動しているところだという.

以上ブータン紀行2016/プナカのページから.

羅平の牛車(中国雲南省)

羅平(Luoping)の牛車

羅平(Luoping)の牛車

道はレンガを敷き詰めた歩道だが,何しろ周りは畑で,この天気だから路面は泥だらけだ.そんな訳で牛車や水牛車で小山の麓まで行く人もいる.牛車や水牛車そのものも楽しいであろう.

以上春の雲南紀行2016/羅平のページから.

ムドヘの牛(ネパール)

ムドヘ(Mudhe)の牛

ムドヘ(Mudhe)の牛

2頭の牛が木製の鋤で畑を耕していた.金属鋤と違って分厚く鈍いので耕すのは大変であろう.なのでまた2頭立てが必要だし....

以上マカルーBCトレック2014/ヌムへのページから.

ダーラカルカのヤク(ネパール)

ダーラカルカ(Dhara Kharka)のヤク

ダーラカルカ(Dhara Kharka)のヤク

林を抜けると小さなカルカがあった.毛の長さからするとヤクか?いやゾッキョかも知れないな~

以上マカルーBCトレック2014/カウマへのページから.

ヤングレカルカのヤク(ネパール)

ヤングレカルカ(Yangle Kharka)のヤク

ヤングレカルカ(Yangle Kharka)のヤク

ヤングレカルカの橋の先ではヤクが食事中だった.一部はまだ左岸から川を渡ったばかりのようだった.このヤクたちはまだタシガオンに下らず,いま暫くここにいるのであろうか.

以上マカルーBCトレック2014/戻りテマタンカルカのページから.

ラフコルタ湖手前の牛(ペルー)

ラフコルタ湖(Rujucolta lake)手前の牛

ラフコルタ湖(Rujucolta lake)手前の牛

ラフコルタ湖(4,250m)へ上るトレイルは山と山に挟まれた谷あいを走り,水が豊富で牧草が茂っている.このため牛や羊の放牧がかなり見える.

以上ブランカ山群トレック紀行2014/ラフコルタ湖のページから.

ジェラゾヴァヴォラの牛(ポーランド)

ジェラゾヴァヴォラ(ZelazowaWola)の牛

ジェラゾヴァヴォラ(ZelazowaWola)の牛

ポーランドは山は少なく,平原の農耕地や牧草地が多いようだ.そして所々で家畜を見かける.

以上バルト海諸国紀行2014/ジェラゾヴァヴォラのページから.

アルタイの牛(中国新疆ウイグル)

アルタイ(阿勒泰/Altai)の牛

アルタイ(阿勒泰/Altai)の牛

犬を連れた羊飼いは外国でも見かけるが,犬連れのカウボーイは初めてだ.カッコいい.牧羊犬の働きも実に見応えのあるものだが,この写真の茶犬の働きも素晴らしい.カウボーイとのコラボレーションで牛の後ろや横から追い立てて,牛の移動をコントロールする.羊と違って相手が大きいし,たまに蹴飛ばされそうになりながら健気に走り回っている.いや~見事なもんだ.

以上天山北路を行く2013/アルタイ(阿勒泰)のページから.

買登峪の牛(中国新疆ウイグル)

買登峪(Jiadengyu)の羊

買登峪(Jiadengyu)の羊

ブルチンを過ぎ行くと,買登峪エリアに入る.この辺りは牛も,馬も,羊もたくさん放牧されている.

以上天山北路を行く2013/カナス湖(哈納斯湖)のページから.

昭蘇平原の牛(中国新疆ウイグル)

昭蘇平原(Zhaosu)の牛

昭蘇平原(Zhaosu)の牛

牛が横断中だ.新疆ウイグルでは幾度となく出合う場面だ.長閑だ.

以上天山北路を行く2013/イーニン(伊寧)のページから.

康定のヤク(中国四川省)

康定(Kangding)のヤク

康定(Kangding)のヤク

康定(Kangding:標高2,500m)を越えるとさらに高度を上げていった.樹木はなくなり,草原が広がっていく.やがて緑の中にヤクの姿が見えるようになった.折多山峠(Zheduo mountain pass:4,298m)が近い.

以上タークーニャン山トレック2013/リーロンへのページから.

タークーニャン山のヤク(中国四川省)

タークーニャン山アタックキャンプ(Daguniang A.C.)で産まれたヤク

タークーニャン山アタックキャンプ(Daguniang A.C.)で産まれたヤク

タークーニャン山から下り,アタックキャンプ近くになると,ヤクの親子が見えた.1時間くらい前に産まれたばかりだそうで,へその緒が見えるそうだ(ガイドSさん).ヤクの子は既に立って歩いているのがすごい.

以上タークーニャン山トレック2013/タークーニャン登頂のページから.