廟,陵,墓地,慰霊碑,祠(4)

このページでは既存ページから転載し,シク村墓地(オマーン),聖者ビンアリのお墓(同),ウズゲン霊廟(キルギス),スキタイ古墳クルガン(同),キルギスの墓地(同),羅平の墓(中国雲南省),ボールドケンオスマン墓地(北キプロストルコ共和国),マカリオス大司教の墓(キプロス),パフォス王族の墓(同),聖ラザロの石棺(同),ラケル廟(イスラエル),ダビデ王の墓(同),イエスキリストの墓所(同),キドロン谷墓地(同),サハマのプレインカ墓(ボリビア),アタカマ高地の直方体彩色墓(同),チャルパス墓地(同),ユンガイ慰霊公園(ペルー),リガ自由記念碑(ラトビア),ショパンの心臓(ポーランド)の写真を載せました.

シク村墓地(オマーン)

シク村(Sayq)の墓地

シク村(Sayq)の墓地

地面に石の欠片が突き刺してあるので,訊いてみたらシク村(Sayq)の共同墓地ということだ.石片には文字など識別するようなものはなく,極めて簡素なスタイルだ.

以上オマーン縦断2016/涸れ川キャニオニングのページから.

聖者ビンアリのお墓(オマーン)

聖者ビンアリのお墓(Mausoleum of the Muslim saint Mohammed Bin Ali al Qalayi)

聖者ビンアリのお墓(Mausoleum of the Muslim saint Mohammed Bin Ali al Qalayi)

聖者ビンアリのフルネームはモハメドビンアリアルアラウィ(Mohammed Bin Ali al Alawi)と長く,ただものではない家柄を感じさせる.実際シーア派始祖アリの血筋を引き,その7代目(いや19代目か)のようだ.イエメン南部ハドラマウト渓谷地方,タリム(Tarim)に生まれ,イスラム科学やコーランを最上レベルまで学び,学者およびイスラム法学のイマームとして知られたそうだ.後にここミルバットに移住し,イスラム暦556年(西暦1161年)この地で没したという.

以上オマーン縦断2016/ミルバットのページから.

ウズゲン霊廟(キルギス)

ウズゲン霊廟(Uzgen tomb)

ウズゲン霊廟(Uzgen tomb)

直ぐ近くのウズゲンミナレットより若干早い時代,カラハン朝時代の11世紀に建造されたと見られているという.焼成レンガ作りである.

以上キルギス紀行2016/ウズゲンのページから.

スキタイ古墳クルガン(キルギス)

スキタイ古墳クルガン(Scythian Kurgan)

スキタイ古墳クルガン(Scythian Kurgan)

お椀を伏せた形の円墳だ.一般にこのような墳墓は青銅器時代から遊牧民スキタイ(この地域の諸部族をまとめて指す呼称)の活動したアルタイ地方からコーカサス辺りまで広く分布してそうだ.ここは紀元前6世紀頃に現れた,スキタイの一部族ペルシャ白人系遊牧民『サカ族』の古墳と見られるという.

以上キルギス紀行2016/スキタイ古墳のページから.

キルギスの墓地(キルギス)

キルギスの墓地(Kyrgyz cemetery)

キルギスの墓地(Kyrgyz cemetery)

キルギスの村や町には墓地がとても目立つ.石造りの立派な墓石が多い.

以上キルギス紀行2016/イシククル湖のページから.

羅平の墓(中国雲南省)

羅平の墓(a tomb at Luoping)

羅平の墓(a tomb at Luoping)

菜の花畑を歩いた.歩いた範囲で,写真のような墓石が3,4基見えた.羅平はブイ(布依)族の人が多いのだそうだが,お墓は家族単位ではなく一人ひとり単位で作られるということだ.

以上春の雲南紀行2016/場所のページから.

ボールドケンオスマン墓地(北キプロストルコ共和国)

ボールドケンオスマン墓地(Baldoken ottoman graveyard)

ボールドケンオスマン墓地(Baldoken ottoman graveyard)

ギルネの街の公園のようになっている土地に,オスマントルコ時代の人物Baldoken ottomanのお墓のようだ.

以上キプロス紀行2016/ギルネ(またはキレニア)のページから.

マカリオス大司教の墓(キプロス)

マカリオス大司教の墓(Tomb of archbishop Makarios III)

マカリオス大司教の墓(Tomb of archbishop Makarios III)

マカリオス大司教(Makarios III:1913~1977年)は,キプロス正教の大主教(最高位)であって,しかも初代大統領に就任(1960~1977年)した方だそうだ.今も国民から『キプロス共和国の父』と多大な尊敬を集めているそうだ.大司教は元々この近くの生まれで,13歳でキコス修道院に入り,やがて大司教に就任.そして反英運動の末,独立を勝ち取り,初代大統領に就任した.

以上キプロス紀行2016/トロードスのページから.

パフォス王族の墓(キプロス)

パフォス王族の墓(Paphos tombs of the kings)

パフォス王族の墓(Paphos tombs of the kings)

広大な墓地は紀元前3世紀~AD3世紀頃の墓で,全部で100余りあり,そのうち地下墳墓が11あるそうだ.地下墳墓がだれのものか特定できないが,土地の有力者だったであろうところから『王族の』と呼ばれるようになったようだ.

以上キプロス紀行2016/パフォスのページから.

聖ラザロの石棺(キプロス)

聖ラザロの石棺(Saint Lazarus' coffin)

聖ラザロの石棺(Saint Lazarus' coffin)

聖ラザロ教会地下室奥に聖ラザロの石棺(写真左で少し蓋の開いたもの)が収められていた.遺体そのものは棺の下の地下に埋葬されているそうだ.

以上キプロス紀行2016/ラルナカのページから.

ラケル廟(イスラエル)

ラケル廟(Rachel's Tomb)に隣接するキブツ庭

ラケル廟(Rachel's Tomb)に隣接するキブツ庭

実際にラケル廟に行ったのではなく,その北がラマトラケルのキブツとなっており,その眺めを載せた.てラケル(Rachel)とは旧約聖書に現れる女性で,ヤコブの奥さんだったそうだ.当時ヤコブには女奴隷の側室もいたが,ラケルは正妻でやがてヨセフ(この名は別にも多い)を生んだということだ.ラケル廟はイスラムにとっても聖地だが,イスラエルが高いコンクリート製セキュリティフェンス(分離壁)を築いている.

以上イスラエル紀行2015/ベツレヘムのページから.

ダビデ王の墓(イスラエル)

ダビデ王の墓(tomb of King David)

ダビデ王の墓(tomb of King David)

ダビデ王(在位BC1011~BC971)の墓に至る小径の脇にこのダビデ王の像がある.ビデ王は今も圧倒的な支持を得ているようだ.玄室に入るとビロード布を架けられたダビデ王全長3mの石棺が据えてあった.石棺の前では黒い帽子,黒い服の正調ユダヤ教徒に加え,普通の服装のユダヤ人もきてお祈りしている.

以上イスラエル紀行2015/シオンの丘のページから.

イエスキリストの墓所(イスラエル)

イエスキリストの墓所(Jesus Christ's tomb)

イエスキリストの墓所(Jesus Christ's tomb)

ヴィアドロローサ(Via Dolorosa:苦難の道)の終わり,聖墳墓教会内に棺のある部屋があった.室内は狭く,同時に最大3人くらいが入れる.イエスはこのお花の下に埋葬された.ただ,イエスは三日後に復活したのでここから抜け出たのであろう.

以上イスラエル紀行2015/ヴィアドロローサのページから.

キドロン谷墓地(イスラエル)

キドロン谷墓地(Kidron valley cemetery)

キドロン谷墓地(Kidron valley cemetery)

主の祈りの教会を出るとキドロンの谷(Kidron valley)の墓地が広がっていた.最後の審判の日,ここに神が立ち死者がよみがえる場所とされ,墓地が作られるようになったそうだ.写真手前はユダヤ人,奥の城壁側はアラブ人のエリアだそうだ.

以上イスラエル紀行2015/マダバのページから.

サハマのプレインカ墓(ボリビア)

サハマのプレインカ墓(Sajama pre-Inca tomb)

サハマのプレインカ墓(Sajama pre-Inca tomb)

サハマ国立公園に近づく頃,このような日干しレンガ製の大きな直方体が数カ所で見えた.日干しレンガは長い年月持つものですね.

以上ボリビア紀行2015/場所のページから.

アタカマ高地の直方体彩色墓(ボリビア)

アタカマ高地の直方体彩色墓a(rectangular colored tomb at the Atacama highland a)

アタカマ高地の直方体彩色墓a(rectangular colored tomb at the Atacama highland a)

アタカマ高地の直方体彩色墓b(rectangular colored tomb at the Atacama highland b)

アタカマ高地の直方体彩色墓b(rectangular colored tomb at the Atacama highland b)

アタカマ高地を進むと直方体墓所のある地に到着した.紀元前数世紀から紀元後数世紀,プレインカの墓所だということだ.近づいて眺めると,先程よりさらに大きなように見える.直方体という形状,入り口の形やその上の横向きの凹み模様などに共通性があろう.大きな違いは彩色された力強い文様だ.

以上ボリビア紀行2015/タフアへのページから.

チャルパス墓地(ボリビア)

チャルパス墓地(Chullpas cemetery)

チャルパス墓地(Chullpas cemetery)

ウユニ塩湖トゥヌパ火山中腹のチャルパス墓地洞窟に入った.洞窟は浅く入り口からある程度光が射し込む.そして数体のミイラが見える.エジプトのミイラのように処理され,布で覆われたのではなく,比較的自然のままに近いように見える.ナスカのミイラに近い.ミイラはここで成仏したものではなく,比較的最近他所から運び込まれたということだ.

以上ボリビア紀行2015/ウユニ経由ビリャマルのページから.

ユンガイ慰霊公園(ペルー)

ユンガイ慰霊公園(Campo Santo Yungay)

ユンガイ慰霊公園(Campo Santo Yungay)

背後に見えているのはワスカラン(Huascaran:6,768m)である.1970年の大地震(アンカシュ地震)で,ワスカラン北峰で巨大な地すべりが起き,氷河と共に崩落.膨大な氷塊と土砂が3,000mの高さから時速300kmで麓のユンガイの集落を襲ったそうだ.そして当時約18,000人の全人口の殆どが土砂の下になり亡くなったそうだ.Campo Santo Yungay はその下敷きになった旧集落上に築かれた慰霊地なのだそうだ.ペルー政府はこの地を国有化し,掘り返しを禁止し,旧市街から少し離れた場所に新しいユンガイの街を建設したという.

以上ブランカ山群トレック紀行2014/ケウシュのページから.

リガ自由記念碑(ラトビア)

リガ自由記念碑(Riga Freedom Monument)

リガ自由記念碑(Riga Freedom Monument)

1918~1920年,ドイツからのラトビア独立戦争で戦った兵士を祀り,1935年に完成したそうだ.石灰岩で造られ,42mの高さだそうで,基部には『祖国と自由のために』と刻まれ,頂部にはラトビア3地域象徴の3つの星を掲げる女性像が立っている.

以上バルト海諸国紀行2014/リガのページから.

ショパンの心臓(ポーランド)

ショパンの心臓(Chopin's heart)

ショパンの心臓(Chopin's heart)

ワルシャワの聖十字架教会,ポーランドの偉人フレデリックショパン(Fryderyk Chopin:1810~1849年)の心臓がこの柱の下側,花束のある辺りに収めれているそうだ.パネルの下側に『Here rests the heart of Fryderick Chopin』と刻まれているのが見える.

以上バルト海諸国紀行2014/ワルシャワ(続)のページから.