仏教寺院,ゴンパ,仏塔など(6)

このページでは既存他ページから引用して,タントンギャルポの寺(ブータン),タシチョゾン(同),ドチュラのチョルテン(同),チェンデジのラカン(同),ヨトンラ峠(同),ロダクカルチュゴンパ(同),ジャカルゾン(同),クジェラカン(同),トンサゾン(同),プナカゾン(同),メモリアルチョルテン(同),ドゥプトプ尼僧院(同),ティンプー大仏(同),パロゾン(同),キチュラカン(同),タクツァン僧院(同),雲南トーアン族の寺(中国雲南省),雲南蔵族寺院(同),ジムサルの西大寺(中国新疆ウイグル),奎屯のチョルテンとオボ(同),ウルムチの大佛寺(同)の写真を載せました.

タントンギャルポの寺(ブータン)

パロ(Paro)のタントンギャルポ(Thangtong Gyelpo)の寺

パロ(Paro)のタントンギャルポ(Thangtong Gyelpo)の寺

パロ空港から走り出すと直ぐにブータン仏教寺院があった.実は民家も仏教寺院と似たようなデザイン,つまり緩い傾斜のトタン屋根,白と褐色の壁,格子の入った窓枠若しくは窓枠模様の壁.....など共通だ.これは法的規制があり,建築許可を得るための前提となるそうだ.このお寺はブータンに鉄製品を持ち込んだと言われるタントンギャルポ師(Thangtong Gyelpo)が建てたと言われているそうだ.

以上ブータン紀行2016/場所のページから.

タシチョゾン(ブータン)

首都ティンプー(Thimphu)のタシチョゾン(Tashichho dzong)

首都ティンプー(Thimphu)のタシチョゾン(Tashichho dzong)

首都の都庁兼寺院ゾン,タシチョゾン(Tashichho dzong).国教であるチベット仏教ドゥルック派の総本山を兼ねるそうだ.

以上ブータン紀行2016/ウォンディポダンのページから.

ドチュラのチョルテン(ブータン)

ドチュラ(Dochu La)のチョルテン

ドチュラ(Dochu La)のチョルテン

標高3,115mのドチュラ峠(Dochu La)に到着した.少し肌寒い.広場の小山にはたくさん,108基あるそうだ,のチョルテンが建てられている.2004年南ブータンで,反インド政府インド人ゲリラ集団鎮圧のため,ときの第4代(つまり先代)ブータン国王(ジグミワンゲワンチュク国王)は戦地に赴いた.そして4人のお妃様の一番上の方が王と国民の安全を祈願して建立したのがこれらチョルテンだそうだ.

以上ブータン紀行2016/ウォンディポダンのページから.

チェンデジのラカン(ブータン)

チェンデジ(Chendebiji)のラカン

チェンデジ(Chendebiji)のラカン

東西横断道カーブと勾配の多い区間を行くと数基のチョルテンとラカン(寺)があった.チェンデジ(Chendebiji)だと思われる.目玉のあるネパール式チョルテンはかなり大型だ.

以上ブータン紀行2016/東西横断道のページから.

ヨトンラ峠(ブータン)

ヨトンラ峠(Yutong La pass:3425m)

ヨトンラ峠(Yutong La pass:3425m)

峠なのでチベット仏教の慣わしに従い,夥しい数のダルシンやタルチョーが掲げられている.

以上ブータン紀行2016/東西横断道のページから.

ロダクカルチュゴンパ(ブータン)

ジャカル(Jakar)のロダクカルチュゴンパ(Lhodrakharchu Gonpa)

ジャカル(Jakar)のロダクカルチュゴンパ(Lhodrakharchu Gonpa)

たまたま年に一度の15日間法会の5日目に訪ねた.当寺院には500人もの修行僧を収容する僧坊があると記されている.他に高位ラマや教師の居住室,教室,図書館,オフィス,僧のホステル,キッチン,お店にダイニングルーム,そして筆者の泊まっているMipham Guest Houseを備えているとある.

以上ブータン紀行2016/ブムタン谷のページから.

ジャカルゾン(ブータン)

ブムタン谷(Bumthang valley)のジャカルゾン(Jakar Dzong)

ブムタン谷(Bumthang valley)のジャカルゾン(Jakar Dzong)

ブムタン県の政教一体庁舎.写真は中庭で,先は高い箇所があるので仏教エリアだったかな....

以上ブータン紀行2016/ブムタン谷のページから.

クジェラカン(ブータン)

ブムタン谷(Bumthang valley)のクジェラカン(Kujey Lhakhang)

ブムタン谷(Bumthang valley)のクジェラカン(Kujey Lhakhang)

クジェラカン(Kujey Lhakhang)は三つのお堂があり,右(写真手前側)が1652年創建で最古のお堂.ご本尊はもちろんパドマサンバヴァ(Padmasaṃbhava,別名グルリンポチ)であり,その大きな像の背後にバドマサンババが瞑想したという石窟がある.

以上ブータン紀行2016/ブムタン谷のページから.

トンサゾン(ブータン)

トンサ(Trongsa)のトンサゾン

トンサ(Trongsa)のトンサゾン

トンサ県の政教一体庁舎トンサゾンで,写真は仏教エリア.

以上ブータン紀行2016/トンサのページから.

プナカゾン(ブータン)

プナカ(Punakha)のプナカゾン

プナカ(Punakha)のプナカゾン

創建は相当古く1616年,チベットからブータンにやって来て,国家の礎を造ったシャブドンガワンナムゲル(Zhabdrung Nawnag Namgyal)がこのお堂でプナカゾン構想を練り,棟梁に伝え,ゾン建設が始まったということだ.プナカは1955年にティンプーが『通年首都』になるまでの約300年間,少なくともブータンの『冬季首都』だったそうだ.なので初代国王の戴冠式や現第5代ワンチュク国王の結婚式もここで執り行われたということだ.

以上ブータン紀行2016/プナカのページから.

メモリアルチョルテン(ブータン)

ティンプー(Thimphu)のメモリアルチョルテン(Memorial Chorten)

ティンプー(Thimphu)のメモリアルチョルテン(Memorial Chorten)

第三代ジグミドルジワンチュック国王が功徳を積むため発願し,1972年没した(ナイロビで客死という)が,第四代目ジグミシンゲウォンチュク国王が遺志を継ぎ,国家事業として建立したということだ.ということで国立で,またメモリアルの呼称は第三代国王記念ということから付けられたそうだ.訪れたときはソールデブ師(Guru Soeldeb)の朗唱という特別な法要の最中だった.

以上ブータン紀行2016/ティンプーのページから.

ドゥプトプ尼僧院(ブータン)

ティンプー(Thimphu)のドゥプトプ尼僧院(Drubthob Gompa)

ティンプー(Thimphu)のドゥプトプ尼僧院(Drubthob Gompa)

比較的こぢんまりした建物だ.マニ車のある前室に続く,本堂に入ると,あの鉄の鎖で橋を建設したタントンギャルポ(Thangtong Gyelpo:1361-1485?)師の大きな座像が鎮座していた.

以上ブータン紀行2016/ティンプーのページから.

ティンプー大仏(ブータン)

ティンプー(Thimphu)の大仏(Buddha Dordenma at Kuenselphodrang)

ティンプー(Thimphu)の大仏(Buddha Dordenma at Kuenselphodrang)

ティンプー大仏は51.5mもの高さがあるそうだ.奈良の大仏さまは15mほど,鎌倉の大仏さまは若干それより小さいというから,ざっと三倍以上大きいようだ.主にシンガポールの大富豪,台湾や香港,本土の中国人からの資金で建設中(内部を含めかなり出来上がっている)であるようだ.どこもかしこも金ピカなのに驚かされる.

以上ブータン紀行2016/ティンプーのページから.

パロゾン(ブータン)

パロ(Paro)のパロゾン

パロ(Paro)のパロゾン

映画『リトルブッダ』の撮影に使われたらしい.パロゾンは17世紀前半,建国の父シャブドンガワンナムゲル(Zhabdrung Nawnag Namgyal)が創建したのが始まりとされているそうだ.つまり前日見てきたプナカゾン(Punakha Dzong)と同じということだ.機能もチベット軍に対する防衛とドゥク派布教の拠点を兼ねた点は同じであると思う.

以上ブータン紀行2016/パロのページから.

キチュラカン(ブータン)

パロ(Paro)のキチュラカン(Kyichu Lhakhang)

パロ(Paro)のキチュラカン(Kyichu Lhakhang)

キチュラカンは,チベット(吐蕃)を最初に統一したソンツェンガンポ(Songzain Gambo:581-650年)が7世紀に創建したという.パドマサンバヴァ(グルリンポチェ)より100年あまり前に布教活動したことになろう.

以上ブータン紀行2016/パロのページから.

タクツァン僧院(ブータン)

タクツァン僧院(Taktsang Lhakhang)

タクツァン僧院(Taktsang Lhakhang)

タクツァン僧院はブータン一の聖人パドマサンバヴァが虎の背中に乗ってここに現れ(これが別名虎の巣(Tiger's Nest)の由来でもあるが),この洞窟で瞑想したということだ.なお私もこの後,その洞窟前で一応瞑想(の真似ごと)を行う羽目になり,20分あまり座ったのだった.

以上ブータン紀行2016/タクツァン僧院のページから.

雲南トーアン族の寺(中国雲南省)

雲南民族村(Yunnan Nationalities Village)トーアン族の寺

雲南民族村(Yunnan Nationalities Village)トーアン族の寺

トーアン族は南西部辺境で最も長い歴史をもつ少数民族の1つで,写真のような寺院を建てる上座部仏教だそうだ.雲南のトーアン族は僅か2万人足らずだが,ミャンマーには30万人ほど住まうそうだ.

以上春の雲南紀行2016/昆明見物のページから.

雲南蔵族寺院(中国雲南省)

雲南民族村(Yunnan Nationalities Village)雲南チベット仏教寺院

雲南民族村(Yunnan Nationalities Village)雲南チベット仏教寺院

ここの寺院はかなり大きく,実際に使われており,内部は撮影禁止だ.前述のアチャン族やトーアン族は上座部仏教だが,こちらは大乗仏教である点が大きな違いで,お堂内には仏像やラマ像など種々祀られている.

以上春の雲南紀行2016/昆明見物のページから.

ジムサルの西大寺(中国新疆ウイグル)

ジムサル(Jimisar)の西大寺

ジムサル(Jimisar)の西大寺

『北庭高昌回鶻佛寺遺址博物館』内部にこのような小山があった.小山全体がお寺で,元代末から明代初めに建立されたそうだ.山の少なくと正面と右面には幾つかの窟が掘られ,仏像や壁画が据えられている.

以上天山北路を行く2013/ジムサル(吉木薩爾)のページから.

奎屯のチョルテンとオボ(中国新疆ウイグル)

奎屯(Kuytun)のチョルテンとオボ

奎屯(Kuytun)のチョルテンとオボ

奎屯とウースーの先にチョルテンとオボが並んで建てられているのだ.どちらもチベット仏教世界であろうが,私の認識ではチョルテンはチベット的,オボはモンゴル的と映っていた.それが同じ場所で併設とはどういうことか?

以上天山北路を行く2013/カラマイ(克拉瑪依)のページから.

ウルムチの大佛寺(中国新疆ウイグル)

ウルムチ(Urumqi)の大佛寺

ウルムチ(Urumqi)の大佛寺

ウルムチ市で最も高い(934m)場所という紅山公園にやってきた.なかなか立派なお寺がある.Wさんによれば,大きなお寺だがお坊さんが常駐しているのではなく,法事か何かで使われるらしい.

以上天山北路を行く2013/ウルムチ(烏魯木斎)後半のページから.