宮殿,城,砦など(4)

このページでは,既存ページから転載し,アラム宮殿(オマーン),ミラニフォート(同),ニズワ要塞(同),アルバリード遺跡(同),ホールルーリ遺跡(同),タシチョゾン(ブータン),ジャカルゾン(同),トンサゾン(同),プナカゾン(同),パロゾン(同),キレニア城(北キプロストルコ共和国),ニコシア城壁(キプロス),コロッシ城(同),パフォス城(同),エルサレム旧市街城壁(イスラエル),タリン城壁(エストニア),リガ城壁(ラトビア),ルンダーレ宮殿(ラトビア),ゲディミナス城(リトアニア),トラカイ城(同),ヴィラヌフ宮殿(ポーランド)の写真を載せました.

アラム宮殿(オマーン)

マスカット(Muscat)のアラム宮殿(Al Alam Palace)

マスカット(Muscat)のアラム宮殿(Al Alam Palace)

アラム宮殿は現スルタンカブース国王(Sultan Qaboos)の有する6つの王宮の一つであるそうだ.アラム(Al Alam)は『旗』の意味であるそうだから,主宮殿ということになろうか.宮殿の歴史は200年余り前,現国王から7代前のスルタン(Imam Sultan bin Ahmed)の時代に遡るという.

以上オマーン縦断2016/マスカットの街のページから.

ミラニフォート(オマーン)

マスカット(Muscat)のミラニフォート(Al Mirani fort)

マスカットのミラニフォート(Al Mirani fort)

オマーン人によって造られた砦であったが,1552年オスマン帝国スレイマン1世に派遣されたピーリーレイース提督(Ahmet Muhiddin Piri)によって,ポルトガル進出牽制のためガリオン船,ガレー船,850人の兵で攻め,この砦は破壊され,マスカット全部が占領されたようだ.そしてその後侵攻してきたポルトガル軍により,現在の形に再建され,その後1610年まで幾度か増改築されたそうだ.

以上オマーン縦断2016/マスカットの街のページから.

ニズワ要塞(オマーン)

ニズワ要塞(Nizwa Fort)

ニズワ要塞(Nizwa Fort)

砦は1668年アルヤルービ朝(Sultan Bin Saif Al Yarubi)時代に同地方の防衛を目的として建てられたそうで,スルタンの住居が置かれ,城として機能したということだ.

スルタンビンサイフ(Sultan Bin Saif)はイマームオマーンのアルヤルービ朝二代目で,1650年ポルトガル軍をマスカットを含むオマーンから追い払った実績があるという.つまりオマーン全土統一も図ったわけだ.そして在位中オマーン海軍力を増強し,ポルトガルのインドや東アフリカでの力に対抗し,平和と繁栄を維持したということだ.

以上オマーン縦断2016/ニズワの街のページから.

アルバリード遺跡(オマーン)

アルバリード遺跡(Al Baleed)

アルバリード遺跡(Al Baleed)

アルバリードは紀元前遥か昔,旧約聖書エルサレムのソロモン王と同時期,紀元前10世紀頃のシバの女王の時代からあり,栄えていたと伝えられるようだ.シバ王国はエイメンやオマーン南のこのサラーサ辺りが支配下ではなかったかとする説があるそうだ.なおシバの女王がロモン王に献上した2トンにも及ぶとされる貢物の中には,乳香も含まれたいたそうだ.

さてこの石積み建造物はそれより遥か時代が下り,イスラムに移行したよりまた遥か後世,中世アルダファ(AL Dhofar)の頃の宮殿かとも見られるようだ.

以上オマーン縦断2016/サラーラの街のページから.

ホールルーリ遺跡(オマーン)

ホールルーリ遺跡(Khor Rori)

ホールルーリ遺跡(Khor Rori)

BC3世紀~5世紀ADの古代都市サムフラムに築かれたホールルーリ,イスラム以前ドファール(Dhofar)地方の最重要定住地で,また乳香生産地の中心であった.南アラビア文字の碑文(下参照)が城壁ゲートに刻まれている.城壁の外では街の第一段階BC3世紀~1世紀ADの小さな寺院や構造物が発掘されている.

ホールルーリの街(城)は乳香交易の中心であったのでアラビア海の入江に面している.ホールルーリのホール(Khor)とは正にその入江の意だそうだ.ホールルーリの入江の港にはロープで外板を固定し,組み立てたというダウ船が行き交っていたであろう.

以上オマーン縦断2016/ホールルーリ遺跡のページから.

タシチョゾン(ブータン)

首都ティンプー(Thimphu)のタシチョゾン(Tashichho dzong)

首都ティンプー(Thimphu)のタシチョゾン(Tashichho dzong)

首都の都庁兼寺院ゾン,タシチョゾン(Tashichho dzong).国教であるチベット仏教ドゥルック派の総本山を兼ねるそうだ.

以上ブータン紀行2016/ウォンディポダンのページから.

ジャカルゾン(ブータン)

ブムタン谷(Bumthang valley)のジャカルゾン(Jakar Dzong)

ブムタン谷(Bumthang valley)のジャカルゾン(Jakar Dzong)

ブムタン県の政教一体庁舎.写真は中庭で,先は高い箇所があるので仏教エリアだったかな....

以上ブータン紀行2016/ブムタン谷のページから.

トンサゾン(ブータン)

トンサ(Trongsa)のトンサゾン

トンサ(Trongsa)のトンサゾン

トンサ県の政教一体庁舎トンサゾンで,写真は県庁エリア.

以上ブータン紀行2016/トンサのページから.

プナカゾン(ブータン)

プナカ(Punakha)のプナカゾン

プナカ(Punakha)のプナカゾン

創建は相当古く1616年,チベットからブータンにやって来て,国家の礎を造ったシャブドンガワンナムゲル(Zhabdrung Nawnag Namgyal)がこのお堂でプナカゾン構想を練り,棟梁に伝え,ゾン建設が始まったということだ.プナカは1955年にティンプーが『通年首都』になるまでの約300年間,少なくともブータンの『冬季首都』だったそうだ.なので初代国王の戴冠式や現第5代ワンチュク国王の結婚式もここで執り行われたということだ.

以上ブータン紀行2016/プナカのページから.

パロゾン(ブータン)

パロ(Paro)のパロゾン

パロ(Paro)のパロゾン

映画『リトルブッダ』の撮影に使われたらしい.パロゾンは17世紀前半,建国の父シャブドンガワンナムゲル(Zhabdrung Nawnag Namgyal)が創建したのが始まりとされているそうだ.つまり前日見てきたプナカゾン(Punakha Dzong)と同じということだ.機能もチベット軍に対する防衛とドゥク派布教の拠点を兼ねた点は同じであると思う.

以上ブータン紀行2016/パロのページから.

キレニア城(北キプロストルコ共和国)

キレニア城(Kyrenia Castle)

キレニア城(Kyrenia Castle)

キレニア港の横,海辺に面したキレニア城は赤味がかった石灰石を積み上げた構造のようだ.オリジナルは9世紀ビザンチン時代にアラブ勢力(海賊)防護のため内城壁の建設が始まり,11世紀末からスタートした遠征十字軍が現在の原型を築き始めたという.そして1489年ヴェネツィア共和国がキプロスを手に入れてから外城壁を強化するなど改築したそうだ.

以上キプロス紀行2016/ギルネ(またはキレニア)のページから.

ニコシア城壁(キプロス)

ニコシア城壁(Venetian walls of Nicosia)

ニコシア城壁(Venetian walls of Nicosia)

ヴェネツィア支配の時代,1567~1569年頃にオスマン帝国防衛のため築かれたそうだ.殆ど円形で全周4.5km,11の張り出した砲台,それと前述のように3つの城門があったそうで,とても頑丈な構造に見える.

以上キプロス紀行2016/南ニコシアのページから.

コロッシ城(キプロス)

コロッシ城(Kolossi Medieval Castle)

コロッシ城(Kolossi Medieval Castle)

中世コロッシ城に着いた.この辺りに関しては先ず,その勇猛さから獅子心王(Richard the Lionheart)の異名もあった英リチャード一世(在位1189年~1199年)軍がリマソール一帯を占拠した時代があった.そしてその後の1210年,リチャード王からテンプル騎士団に領地が譲渡され,やがてそのうちにヨハネ騎士修道会の手に渡り,その修道会により15世紀中ごろ,現在の姿の石造り三階建に改築されたそうだ.お城だけに頑丈そうに見える.

以上キプロス紀行2016/リマソールのページから.

パフォス城(キプロス)

パフォス城(Paphos Castle)

パフォス城(Paphos Castle)

パフォス城は細く突き出た半島の先に建てられている.最初AD13世紀ビザンチン時代,現位置の北,上記浜辺のレストラン付近に,当パフォス港防衛のサランタコロネス砦として築かれたそうだ.それが1222年の地震で崩壊したため,13世紀仏系支配の頃現在の位置に移し,新築されたそうだ.そして1570年オスマントルコ軍襲撃直前に,保管された弾薬に因るものか爆発事故があり,破壊したという.そしてオスマントルコ帝国支配となった1780年,オスマンの下で修復され,現在の姿になったという.

以上キプロス紀行2016/パフォスのページから.

エルサレム旧市街城壁(イスラエル)

エルサレム旧市街城壁(Old Jerusalem walls)

エルサレム旧市街城壁(Old Jerusalem walls)

バスはシオンの丘に近づき,エルサレム旧市街城壁の壁際にきた.迫力ある城壁だ.エルサレム旧市街はエルサレムの街の僅か0.9km2(つまり1km四方足らず)の区画を占めるに過ぎないが世界三大一神教の聖地が集中していると云うことが大変興味深い.

以上イスラエル紀行2015/シオンの丘のページから.

タリン城壁(エストニア)

タリン城壁(Tallinn City walls)

タリン城壁(Tallinn City walls)

タリン城壁は2km弱残っているという.そして所定間隔に立派な監視塔が設けられている.写真の辺りの壁は高さ15m,厚さ3mほどあるそうで,石が漆喰(セメント)で積み上げられたソリッドな構造だ.ちょっとやそっとでは打ち破れないように頑丈に見える.

以上バルト海諸国紀行2014/タリンのページから.

リガ城壁(ラトビア)

リガ城壁(Riga city wall)

リガ城壁(Riga city wall)

現在ここに少しだけ残された城壁で,一部修復も加えられているようだ.ぐるりと城壁があった時代は城門も多くあった筈だが,城門もスウェーデン門一箇所になったようだ.

以上バルト海諸国紀行2014/リガのページから.

ルンダーレ宮殿(ラトビア)

ルンダーレ宮殿(Rundale Palace)

ルンダーレ宮殿(Rundale Palace)

ルンダーレ宮殿は1740年,クールラント大公ビロン公(Ernst Johann von Biron)が,ロシアの女帝アンナ(Anna Ioannovna:在位1730~1740年)ために夏の離宮として建造したそうだ.アンナは,1711年以来クールラント公国主権者で,後にロマノフ朝第4代のロシア皇帝(女帝)となり,ビロン公はアンナの愛人,男妾という立場であったそうだ.

以上バルト海諸国紀行2014/ルンダーレ宮殿のページから.

ゲディミナス城(リトアニア)

ゲディミナス城(Gediminas castle)

ゲディミナス城(Gediminas castle)

13世紀,時のリトアニア大公国の君主ゲディミナス大公(Gediminas:1275~1341年)がこの丘に築城を始め,丘の麓の城(下の城:現在修復中)も含めて16世紀頃に完成したようだ.

以上バルト海諸国紀行2014/ヴィリニュスのページから.

トラカイ城(リトアニア)

トラカイ城(Trakai Island Castle)

トラカイ城(Trakai Island Castle)

トラカイ城,正しくはトラカイ島城はガルヴェ湖に浮かぶ小島の上に建てられている.そして,十分幅広い橋で繋がれ,ここを渡ると城に至る.城の建設はリトアニア公ケーストゥティス (Kestutis) が城の建設に着工し,1409年,前記木彫像の息子ヴィタウタス(Vytautas:在位1401~1430年)により竣工した.ヴィタウタス公は宝物庫を伴ってここに居住し,1430年に没した.つまりトラカイはリトアニア大公国中心,首都であったという.

以上バルト海諸国紀行2014/トラカイのページから.

ヴィラヌフ宮殿(ポーランド)

ヴィラヌフ宮殿(Wilanow palace)

ヴィラヌフ宮殿(Wilanow palace)

17世紀末,ヤン3世ソビエスキ(Jan Ⅲ Sobieski)が夏の宮殿として建てたそうだ.18世紀に増築され,概ね現状の姿になったようで,現在は博物館として公開されている.

以上バルト海諸国紀行2014/ワルシャワのページから.