馬やロバのいる光景(6)

このページでは,既存ページから転載し,オリーブ山のロバ(イスラエル),ラムルンバ村の馬(ネパール),タシガオンへ運ぶロバ(同),セドアのロバ(同)の写真を載せました.

チルチク峠の馬(キルギス)

チルチク峠(Chyiyrchyk pass)の馬

チルチク峠(Chyiyrchyk pass)の馬

チルチク峠近くの丘の上には,馬や,それを連れた人,乗ったが見える.一般に他国では家畜として羊や山羊,牛,ヤクなどが馬より多いように思う.

以上キルギス紀行2016/オシュからパミールへのページから.

乗馬の男の子(キルギス)

チルチク峠(Chyiyrchyk pass)の馬

チルチク峠(Chyiyrchyk pass)の馬

で初々しい男の子,まだあどけない顔からして多分5歳位であろう,が馬に跨がり颯爽と私たちの前に現れた.この子の歳にしては実に巧みな手綱さばきだ,いや~将来楽しみだな~

以上キルギス紀行2016/オシュからパミールへのページから.

パミールのカウボーイ(キルギス)

パミール(Pamir)のカウボーイ

パミール(Pamir)のカウボーイ

サリモゴル村を過ぎを過ぎ,パミールアライ山脈の方向に向かう.途中遊牧の伝統帽子カルパックを被るかっこいいカウボーイ現る.

以上キルギス紀行2016/オシュからパミールへのページから.

ナリン川の馬(キルギス)

ナリン川(Naryn River)の馬

ナリン川(Naryn River)の馬

天山山脈に源を発し,ウズベキスタンまで流れて行くナリン川を越える.このルートは未舗装路で遊牧の馬が道に遊び出ている

以上キルギス紀行2016/モルド峠のページから.

ソンクル湖畔の馬(キルギス)

ソンクル湖畔(Song Kol Lake)の馬

ソンクル湖畔(Song Kol Lake)の馬

ソンクル湖畔には遊牧民のユルトがあり,馬や山羊がいた.翌朝にはまた餌場の草原に出かけるのであろう.

以上キルギス紀行2016/ソンクル湖畔のページから.

馬牧場の競走馬(キルギス)

馬牧場(Horse farm)の競走馬

馬牧場(Horse farm)の競走馬

オスカルさん所有ファームの厩舎で育てられている競走馬.牧場所属の牧童たちが一頭一頭引き連れて,グラウンドを駆けたり,あるいは痒いので横にならせて砂浴びさせている.

以上キルギス紀行2016/カルカラ谷のページから.

カルカラ谷の馬(キルギス)

カルカラ谷(Karkara)の馬

カルカラ谷(Karkara)の馬

キャンプで一休みし,カルカラ川と反対側丘の花ハイクに出かけた.目の前を馬の群れが進んで行く.何と子馬が4頭も混じっている.この春産まれたのでしょうか.

以上キルギス紀行2016/カルカラ谷のページから.

ウラクタルトゥシュの馬(キルギス)

ウラクタルトゥシュ(Ulak Tartysh)の馬

ウラクタルトゥシュ(Ulak Tartysh)の馬

山羊取り合戦ウラクタルトゥシュ(Ulak Tartysh)は2つのチームが首を落とした山羊を持ち上げ,ゴール(四角い1mくらいの高さの盛り土)に運び入れることで,得点する.これはその最中である.

以上キルギス紀行2016/カルカラ谷(2)のページから.

カルカラキャンプの馬(キルギス)

カルカラキャンプ(Karkara camp)の馬

カルカラキャンプ(Karkara camp)の馬

ダイニングユルトの外で,急にただならぬことが起こった.大勢の馬上の男どもがユルト前にドドドッと乱入してきた.西部劇で騎兵隊のキャンプにインデアンが乱入,いや逆にインデアンの村を騎兵隊が襲った,まあそんなシーンだ.カルカラ谷の祭りで,ウラクタルトゥシュも行事の一つ,このキャンプサイト乱入も行事の一つ,ということだ.ウラクタルトゥシュで奪い合いをした山羊を売るのが主目的だそうだ.

以上キルギス紀行2016/カルカラ谷(2)のページから.

タクツァン僧院から戻る馬(ブータン)

タクツァン僧院(Taktsang Lhakhang)から戻る馬

タクツァン僧院(Taktsang Lhakhang)から戻る馬

タクツァン僧院トレイルの馬が今日の仕事を終えたと見えて,村の厩舎に引き上げていくところだった.馬子さんは付いていないが,利口な馬はガイドなし,自分たちで帰るそうだ.

以上ブータン紀行2016/タクツァン僧院のページから.

オリーブ山のロバ(イスラエル)

オリーブ山(Mt. Olives)のロバ

オリーブ山(Mt. Olives)のロバ

オリーブ山には朝から観光客が大勢詰めかけている.観光ラクダや観光ロバも待機している.しかしオリーブ山は砂漠ではなく,普通の都会なのであまり乗るひとがいない.せっかく愛ロバを引き連れて来たのに,だれも乗ってくれないロバのおじさんのトボトボ引き上げていった.

以上イスラエル紀行2015/マダバのページから.

ラムルンバ村の馬(ネパール)

ラムルンバ村(Lumlumba)の馬

ラムルンバ村(Lumlumba)の馬

ラムルンバ村(Lumlumba)に到着した.私は大汗をかいたのでとりあえず下着を取り替えた.私たちの荷役の馬や他の馬もここで一服のようだ.ところで添乗Tさんによれば,この村の住民は 自らをジャイル族と称し,ネパールでは他に存在しない非常にユニークな部族だと云うことだ.

以上マカルーBCトレック2014/セドアへのページから.

タシガオンへ運ぶロバ(ネパール)

タシガオン(Tashigaon)へ運ぶロバ

タシガオン(Tashigaon)へ運ぶロバ

私たちの食料をタシガオンまで運ぶロバの列だ.相当の量があるが,山ほどのダルバートを食べるポーターの皆さんの分もあるし,また運ばれた一部は帰路に使うため,タシガオンのキャンプサイトの倉庫に預かってもらうのだと思う.

以上マカルーBCトレック2014/タシガオンへのページから.

セドアのロバ(ネパール)

セドア(Sedua)のロバ

セドア(Sedua)のロバ

マニガオンを越えてなおも下った.そして途中,ロバ(カッチャル)のキャラバンとすれ違った.やはりロバに土曜の休暇はないのだ.ロバはどこの国でも働き者,いや働かされている.たとえ輪廻を信じてなくともロバに生まれなくて良かった~次の世も避けたい,と思うのだ.これだけ働かせておいていささか身勝手かな...

以上マカルーBCトレック2014/戻りセドアへのページから.