訪れた高いところ

このページは訪れた高いところ編で,これまで訪れた山,丘,峠,ベースキャンプ(BC)など,以下の表の場所で撮った写真を集めて再転載しました.

地名英名所在地高さ訪問年
1キリマンジャロKilimanjaroタンザニア5,895m2007年
2ウトゥルンコ山中腹Uturuncuボリビア5,881m2015年
3ドルマラDrolmala中国(チベット)5,668m2007年
4カラパタールKalapattarネパール5,545m2005年
5トロンパスThorung passネパール5,416m2008年
6チュクンリChhukung Riネパール5,412m2005年
7ゴーキョリGokyo Riネパール5,360m2005年
8ノマラNumalaネパール5,238m2011年
9カツォーラGyatsola中国(チベット)5,220m2007年
10ラルキャパスLarkya Passネパール5,220m2010年
11バガラBagalaネパール5,214m2011年
12ディラプクゴンパDrira Phuk Gompa中国(チベット)5,210m2007年
13チョモランマBCChomolangma BC中国(チベット)5,200m2007年
14パンラPangla中国(チベット)5,150m2007年
15パンペマPangpamaネパール5,143m2009年
16シンゴラShingo Laインド5,095m2012年
17シンギラSingi Laインド5,060m2012年
18トンラThongla中国(チベット)5,050m2007年
19タークーニャン山Mt. Daguniang中国(四川省)5,025m2013年
20ブロードピークBCBroad Peak BCパキスタン5,000m2008年
21ゴーチャラGoecha Laインド5,000m2012年
22ウルタ峠Ulta passペルー4,890m2014年
23ラシュファリ小ピークRash Phari small peakパキスタン4,850m2010年
24マカルーBCMakalu BCネパール4,820m2014年
25キャンジンリKyanging Riネパール4,773m2008年
26カンパラKambala中国(チベット)4,770m2007年
27ウニオン峠Punta Unionペルー4,750m2014年
28コンコルディアConcordiaパキスタン4,650m2008年
29ラウルビナヤクパスLaurebinayak Passネパール4,610m2008年
30ナクチェNagqu中国(チベット)4,513m2007年
31ツォーラTsola中国(チベット)4,500m2007年
32シブリンBCShivling BCインド4,463m2009年
33ジャヌーBCJannu BCネパール4,400m2009年
34巴朗山峠Balang Pass中国(四川省)4,320m2004年
35白馬雪山峠Baimang Xueshan Pass中国(雲南省)4,292m2007年
36アンナプルナBCAnnapurna BCネパール4,130m2010年
37キナバル山Mt. Kinabaluマレーシア4,095m2005年
38南イニルチェック氷河BCSouth Inylchek BCキルギス4,000m2016年
39レーニン峰BC滝見丘Lenin Peak BC hillキルギス3,900m2016年
40クラインマッターホルンKlein Matterhornスイス3,830m2005年
41エギーユデュミディAiguille du Midiフランス3,777m2005年
42富士山Mt. Fuji日本3,776m2010年
43カラクリ湖Karakuli Lake中国(ウイグル)3,670m2005年
44玉龍雪山もう牛坪Yulong Xueshan/Yak Mdw中国(雲南省)3,600m2007年
45サクサイワマンの丘Sacsayhuaman Hillペルー3,580m2004年
46黄龍Huanglong中国(四川省)3,550m2004年
47徳欽飛来寺Deqin Feilai Temple中国(雲南省)3,500m2007年
48ユングフラウヨッホJungfraujochスイス3,454m2005年
49プーンヒルPoon Hillネパール3,250m2010年
50タバンボグドBCTawan Bogd BCモンゴル3,100m2009年
51マチュピチュMachu Picchuペルー2,300m2004年
52シナイ山Mt. Sinaiエジプト2,285m2006年
53ネムルート山Nemrutdagiトルコ2,200m2012年
54高尾山Mt. Takao日本599m2011年
55リカベトスの丘Mt. Lycabettusギリシャ273m2004年
56マウントイーデンMt. Edenニュージーランド198m2003年
57シギリヤロックSigiriya rockスリランカ195m2004年

1:キリマンジャロ(Kilimanjaro/5,895m)

キリマンジャロ頂上ウフルピーク(5,895m)少し手前

キリマンジャロ頂上ウフルピーク(5,895m)

キリマンジャロ頂上ウフルピーク(5,895m)少し手前で眺めたキリマンジャロの氷河.最高に美しい.ただ風が強く非常に寒かった.

以上キリマンジャロの旅2007/トレック5日目のページから.  

2:ウトゥルンコ山中腹(Uturuncu/5,881m)

ウトゥルンコ山中腹(5,881m)頂上は6,008m

ウトゥルンコ山中腹(5,881m)頂上は6,008m

アンデスで最も簡単な6000m峰と言われ,事実かなり高い標高まで車で入り,順調に歩いていたが,途中5,881m地点で事故が起こり,下山.

以上ボリビア紀行2015/ウトゥルンコ山ハイクのページから.  

3:ドルマラ(Drolmala/5,668m)

カイラス巡礼路最高地点の峠ドルマラ(Drolmala/5,668m)

カイラス巡礼路最高地点の峠ドルマラ(Drolmala/5,668m)

ドルマラはカイラスのコルラで通過する最も高い峠.カイラスの北側に位置する.私たちは4日もかけて一周したが,地元チベットの人たちは一日で一周する人も多い.中には五体投地で一周する人さえいる.

以上カイラスの旅2007/トレック3日目のページから.  

4:カラパタール(Kalapattar/5,545m)

>エベレスト街道の展望点カラパタール(Kalapattar/5,545m)

エベレスト街道の展望点カラパタール(Kalapattar/5,545m)

カラパタールはエベレスト街道でとても眺めの良い展望点.朝と夕登ったが,特に朝は寒かった.シェルパ族のテリトリーで無数のルンタが風に舞っていた.

以上エベレスト街道トレッキング2005/カラパタールへ(2/2)のページから.  

5:トロンパス(Thorung pass/5,416m)

アンナプルナサーキットでの最高地点トロンパス(Thorung pass/5,416m)

アンナプルナサーキットでの最高地点トロンパス(Thorung pass/5,416m)

トロンパス(Thorung pass/5,416m)はアンナプルナ一周トレッキングで通る最高地点.越える日はムクチナートまで結構長い距離歩く.

以上アンナプルナ一周トレッキング2008/D11:ムクチナートへのページから.  

6:チュクンリ(Chhukung Ri/5,412m)

エベレスト街道少し東の展望地チュクンリ(Chhukung Ri/5,412m)

エベレスト街道少し東の展望地チュクンリ(Chhukung Ri/5,412m)

チュクンリ(Chhukung Ri/5,412m)はエベレストが見えないのでちょっと地味だが,ヒマラヤ襞の美しいカンレヤムやマカルーなどがよく見える.

以上エベレスト街道トレッキング2005/チュクンリへのページから.  

7:ゴーキョリ(Gokyo Ri/5,360m)

クーンブエリアでカラパタールと並ぶ展望地ゴーキョリ(Gokyo Ri/5,360m)

クーンブエリアでカラパタールと並ぶ展望地ゴーキョリ(Gokyo Ri/5,360m)

カラパタールと並びクーンブの体表的展望点ゴーキョリ(Gokyo Ri/5,360m).美しいゴーキョ湖も望むことができる.

以上エベレスト街道トレッキング2005/ゴーキョリへ(3/3)のページから.  

8:ノマラ(Numala/5,238m)

ロアードルパの最高地点ノマラ(Numala/5,238m)

ロアードルパの最高地点ノマラ(Numala/5,238m)

ロアードルパトレッキング2011で通過した峠の一つがこのノマラ(Numala/5,238m).

以上ロアードルパトレッキング2011/ノマラ越えのページから.  

9:カツォーラ(Gyatsola/5,220m)

中ネ公路で通過地点の一つカツォーラ(Gyatsola/5,220m)

中ネ公路で通過地点の一つカツォーラ(Gyatsola/5,220m)

4WDで中ネ公路を西に向かうとき通過した峠の一つがこのカツォーラ(Gyatsola/5,220m).典型的チベットの光景だ.

以上チベットの旅2007/カツォーラのページから.  

10:ラルキャパス(Larkya Pass/5,220m)

マナスルサーキットの最高地点ラルキャパス(Larkya Pass/5,220m)

マナスルサーキットの最高地点ラルキャパス(Larkya Pass/5,220m)

マナスル一周トレックで越える最高点がこのラルキャパス(Larkya Pass/5,220m).結構大変なトレイルだが地元シェルパ族の人達には生活道路の一本だ.

以上マナスル一周トレック2010/D12:ラルキャラ越えのページから.  

11:バガラ(Bagala/5,214m)

ロアードルパでもう一つの峠バガラ(Bagala/5,214m)

ロアードルパでもう一つの峠バガラ(Numala/5,214m)

ロアードルパトレッキング2011で通過した峠の一つがこのバガラ(Bagala/5,214m).

以上ロアードルパトレッキング2011/バガラ越えのページから.  

12:ディラプクゴンパ(Drira Phuk Gompa/5,210m)

カイラス巡礼路のディラプクゴンパ(Drira Phuk Gompa/5,210m)

カイラス巡礼路のディラプクゴンパ(Drira Phuk Gompa/5,210m)

ディラプクゴンパ(Drira Phuk Gompa/5,210m)はカイラス巡礼路のドルマラ手前にあって,このゴンパ先でテントを張った.チベット仏教徒にとって大切な聖地だ.

以上カイラスの旅2007/トレック2日目のページから.  

13:チョモランマBC(Chomolangma BC/5,200m)

エベレストのチベット側BCCであるチョモランマBC(Chomolangma BC/5,200m)

エベレストのチベット側BCであるチョモランマBC(Chomolangma BC/5,200m)

チョモランマBC入り口まで4WDで行けて,そこから少し登るとこのチョモランマBC(Chomolangma BC/5,200m)に至る.生憎雲が出てきたが,雲が切れるとネパール側と違ってチョモランマ(エベレスト)のかなり麓から天辺まで望むことができる.

以上チベットの旅2007/ヒマラヤのページから.  

14:パンラ(Pangla/5,150m)

チベットのヒマラヤ展望地パンラ(Pangla/5,150m)

チベットのヒマラヤ展望地パンラ(Pangla/5,150m)

4WDでチョモランマBCに向かう途中,このパンラ(Pangla/5,150m)を通過する.マカルー,ローツェ,チョモランマ(エベレスト),チョオユーを望むことができる.

以上チベットの旅2007/ヒマラヤのページから.  

15:パンペマ(Pangpama/5,143m)

カンチェンジュンガ北ベースキャンプ地パンペマ(Pangpama/5,143m)

カンチェンジュンガ北ベースキャンプ地パンペマ(Pangpama/5,143m)

パンペマ(Pangpama/5,143m)はカンチェンジュンガ登山の北側ベースキャンプを張る場所.氷河から立ち上がるカンチェンジュンガの光景は豪快だ.風が強く一部テントが剥がされた.

以上カンチェンジュンガBCトレック2009/パンペマへのページから.  

16:シンゴラ(Shingo La/5,095m)

シンゴラ(Shingo La/5,095m)

シンゴラ(Shingo La/5,095m)

シンゴラ(Shingo La/5,095m)はザンスカールのトレッキング前半で越える一番高い峠.

以上ザンスカールを歩く2012/スクーパタへのページから.  

17:シンギラ(Singi La/5,060m)

シンギラ(Singi La/5,060m)

シンギラ(Singi La/5,060m)

シンギラ(Singi La/5,060m)はザンスカールのトレッキング後半で越える一番高い峠.

以上ザンスカールを歩く2012/チュミナクポへのページから.  

18:トンラ(Thongla/5,050m)

中ネ公路でネパール手前のトンラ(Thongla/5,050m)

中ネ公路でネパール手前のトンラ(Thongla/5,050m)

4WDで中ネ公路を西に向かうとき通過した峠の一つがこのトンラ(Thongla/5,050m).シシャパンマの展望点なのだが,雲に遮られてよく見えなかったのは残念だ.

以上チベットの旅2007/ジャンム(樟木) のページから.  

19:タークーニャン山(Mt. Daguniang/5,025m)

タークーニャン山トレック頂上(Mt. Daguniang/5,025m)

タークーニャン山トレック頂上(Mt. Daguniang/5,025m)

頂上から目当てのスークーニャン山が望めなかったのは残念.

以上タークーニャン山トレック/タークーニャン登頂 のページから.  

20:ブロードピークBC(Broad Peak BC/5,000m)

バルトロ氷河北のブロードピークBC(Broad Peak BC/5,000m)

バルトロ氷河北のブロードピークBC(Broad Peak BC/5,000m)

バルトロ氷河トレッキングで,コンコルディアから北のブロードピークBC(Broad Peak BC/5,000m)を往復した.BCからは写真のブロードピークの麓から頂上まで諸に一望できる.同じくK2も麓から天辺までクリアに望める.

以上バルトロ氷河トレッキング2008/ブロードピークBC往復のページから.  

20:ゴーチャラ(Goecha La/5,000m)

シッキムトレックの最奥点ゴーチャラ(Goecha La/5,000m)

シッキムトレックの最奥点ゴーチャラ(Goecha La/5,000m)

シッキムトレックの最奥点ゴーチャラ(Goecha La/5,000m).

以上シッキムトレック2012/ゴーチャ峠へのページから.  

22:ウルタ峠(Ulta pass/4,890m)

ペルーアンデスのブランカ山郡ウルタ峠(Ulta pass/4,890m)

ペルーアンデスのブランカ山郡ウルタ峠(Ulta pass/4,890m)

ペルーアンデスのブランカ山郡ウルタ峠は,殆ど車で行けて,写真のコントライェルバスなどを間近に望むことができる.

以上ブランカ山群トレック紀行2014/ウルタ谷のページから.  

23:ラシュファリ小ピーク(Rash Phari small peak/4,850m)

パキスタンのラシュファリ小ピーク(Rash Phari small peak/4,850m)

パキスタンのラシュファリ小ピーク(Rash Phari small peak/4,850m)

本来この上のラシュファリピークが目標であったが,積雪量多く,このラシュファリ小ピークで引き上げることになった.7月では例年これほど多く雪があることは稀だそうだ.

以上ラシュファリトレック2010/のページから.  

24:マカルーBC(Makalu BC/4,820m)

ネパールヒマラヤのマカルーBC(Makalu BC)

ネパールヒマラヤのマカルーBC(Makalu BC/4,820m)

麓のチチラ(Chichira)から往復のなかなかきつい行程だったが,BCでは写真のマカルーや,ピーク4,ピーク6が眺められて良かった.

以上マカルーBCトレック2014/マカルーBCのページから.  

25:キャンジンリ(Kyanging Ri/4,773m)

ランタン谷のキャンジンリ(Kyanging Ri/4,773m)

ランタン谷のキャンジンリ(Kyanging Ri/4,773m)

キャンジンゴンパからキャンジンリに登った.ランタンリルン,キムシュン,ランシサリ,ガンチェンポ,ポンゲンドプク,ナヤカンといった山々,それにキムシュン氷河やリルン氷河が見渡せていい所だ.

以上ランタン/ヘランブートレッキング2008/トレック第6日目(3/22)のページから.  

26:カンパラ(Kambala/4,770m)

ラサ西に位置するカンパラ(Kambala/4,770m)

ラサ西に位置するカンパラ(Kambala/4,770m)

カンパラはラサの少し先にある標高4,770mの峠.眼下に美しいヤムドク湖が望める.私たちが訪れたときはその先の道路が閉鎖され,一旦戻ってからシガツェに向かった.今は道が開通したかな?

以上チベットの旅2007/カンパラのページから.  

27:ウニオン峠(Punta Union/4,750m)

ペルーアンデスのブランカ山郡ウニオン峠(Punta Union/4,750m)

ペルーアンデスのブランカ山郡ウルタ峠(Ulta pass/4,890m)

ペルーアンデスのウニオン峠はランカ山郡トレックの最高点.峠の先に見えているのはアルテソンラフ(Artesonraju:5,999).

以上ブランカ山群トレック紀行2014/ウニオン峠のページから.  

28:コンコルディア(Concordia/4,650m)

バルトロ氷河の始点コンコルディア(Concordia/4,650m)

バルトロ氷河の始点コンコルディア(Concordia/4,650m)

バルトロ氷河を遡り,終点がコンコルディアだ.全周パノラマ状にK2初めカラコルムの山々が広がる.実に素晴らしい場所だ.ただ氷河上にテントを張るのでマットがちゃんとしていないと寒い.

以上バルトロ氷河トレッキング2008/コンコルディア滞在のページから.  

29:ラウルビナヤクパス(Laurebinayak Pass/4,610m)

ヘランブーの峠ラウルビナヤクパス(Laurebinayak Pass/4,610m)

ヘランブーの峠ラウルビナヤクパス(Laurebinayak Pass/4,610m)

ゴサインクンドを経てゴプテに向かうとき通る峠だ.通って来た道を振り向くとンタンリルンやンタンⅡ峰,ガネッシュがきれいに見える.また少し遠くにはマナスル山群も見えている.この峠を越えれば後は基本的に下りだ.

以上ランタン/ヘランブートレッキング2008/トレック第12日目(3/28)のページから.  

30:ナクチェ(Nagqu/4,513m)

青蔵鉄道の駅ナクチェ(Nagqu/4,513m)

青蔵鉄道の駅ナクチェ(Nagqu/4,513m)

青蔵鉄道でラサに向かう途中このナクチェに到着した.乗降客は多くなく,その殆どは地元のチベット族の人々であろう.この近くにはニンチェンタングラ山脈の切り立った峰が望めた.なお青蔵鉄道でここに至る途中では,世界一高いという標高5,068mのタングラ駅などを通過してきた.

以上チベットの旅2007/青蔵鉄道のページから.  

31:ツォーラ(Tsola/4,500m)

中ネ公路の峠ツォーラ(Tsola/4,500m)

中ネ公路の峠ツォーラ(Tsola/4,500m)

4WDでサキャに向かう少し手前でこの峠に至った.チベット仏教の慣わしに従い大量のルンタやカタが結わえられている.経の記されたルンタが風で舞う度にお経を唱えたことになるそうだ.

以上チベットの旅2007/ツォーラのページから.  

32:シブリンBC(Shivling BC/4,463m)

インドヒマラヤの聖山シブリンBC(Shivling BC/4,463m)

インドヒマラヤの聖山シブリンBC(Shivling BC/4,463m)

ガンゴトリ氷河を越え,アマルガンガ川を渡り,シブリンBCのタボバンに到着した.途中の厳しいトレイルからは全く想像できない実に広々した場所だ.一体どうなっているのか?と思わずにはいられない.シブリン峰やメルー,バギラティ峰を望みいいところだ.

以上シブリンBCトレック2009/トレック3日目:タボバンへのページから.  

33:ジャヌーBC(Jannu BC/4,400m)

名峰ジャヌーBC(Jannu BC/4,400m)

名峰ジャヌーBC(Jannu BC/4,400m)

カンチェンジュンガBCに向かう途中のカンバチェンで,高度順応のためジャヌーBCを往復した.ジャヌー(写真正面)の非常にきつい角度で,広い壁が印象的だ.

以上カンチェンジュンガBCトレック2009/カンバチェンへのページから.  

34:巴朗山峠(Balang Pass/4,320m)

四姑娘山手前の巴朗山峠(Balang Pass/4,320m)

四姑娘山手前の巴朗山峠(Balang Pass/4,320m)

四姑娘山(スークーニャン山)のハイキング/登山基地日隆(リーロン)に向かうためにバスで通過した.峠には人気の高いブルーポピーが咲いていた.

以上四川省の旅2004/巴朗山峠のページから.  

35:白馬雪山峠(Baimang Xueshan Pass/4,292m)

名峰梅里雪山手前の白馬雪山峠(Baimang Xueshan Pass/4,292m)

名峰梅里雪山手前の白馬雪山峠(Baimang Xueshan Pass/4,292m)

梅里雪山に向かうときに通過する峠だ.先に見える白馬雪山主峰は5,429mの高さがあるそうだが,かなり急峻で厳しい山に見える.

以上雲南省の旅2007/白馬雪山峠のページから.  

36:アンナプルナBC(Annapurna BC/4,130m)

360度パノラマ展望可能なアンナプルナBC(Annapurna BC/4,130m)

360度パノラマ展望可能なアンナプルナBC(Annapurna BC/4,130m)

アンナプルナBCからはもちろんアンナプルナⅠ峰が良く望めるが,写真のアンナプルナⅢ(左)やガンダルバチュリ,マチャプチャレ,ヒウンチュリ,アンナプルナサウス,シングチュリ,テントピークがパノラマ状に取り囲むように眺めることができる.下を流れるは南アンナプルナ氷河で,アンナプルナⅠ峰脇が源のようだ.

以上アンナプルナBCトレック2010/6-7日目:アンナプルナBCのページから.  

37:キナバル山(Mt. Kinabalu/4,095m)

東南アジア最高峰キナバル山(Mt. Kinabalu/4,095m)

東南アジア最高峰キナバル山(Mt. Kinabalu/4,095m)

夜明け前,キナバル山ロウズピークに到着.しばし待つと明るくなって広い花崗岩の山肌が見えてきた.4,095mであるが緯度が低いため然程冷えることはないようだ.

以上キナバル山2005/キナバル登山のページから.  

38:南イニルチェック氷河BC(South Inylchek BC/4,000m)

キルギスのポベーダ峰,ハンテングリ峰の南イニルチェック氷河BC(South Inylchek BC/4,000m)

キルギスのポベーダ峰,ハンテングリ峰の南イニルチェック氷河BC(South Inylchek BC/4,000m)

カルカラ谷のヘリポートから飛び立ち,アラトー山脈(天山山脈)上空をフライトし,ここ南イニルチェク氷河BCに着いた.そして到着後ポベーダ峰方向ハイク,ハンテングリ峰方向ハイクを楽しんだ.

以上キルギス紀行2016/キルギス紀行2016のページから.  

39:レーニン峰BC滝見丘(Lenin Peak BC hill/3,900m)

キルギスのレーニン峰BC滝見丘(Lenin Peak BC hill/3,900m)

キルギスのレーニン峰BC滝見丘(Lenin Peak BC hill/3,900m)

レーニン峰(Lenin Peak:7,134m)のベースキャンプ(3,600m)に4WDで到着し.この滝見の丘(Lenin Peak BC hill/3,900m)ハイクを楽しんだ.

以上キルギス紀行2016/LeninPeakBCのページから.  

40:クラインマッターホルン(Klein Matterhorn/3,830m)

ロープウェイで行けるクラインマッターホルン(Klein Matterhorn/3,830m)

ロープウェイで行けるクラインマッターホルン(Klein Matterhorn/3,830m)

ロープウェイを乗り継いで昇ってきたが殆ど視界が効かない.まあ,こんなこともあろう.

以上アルプスハイキング2005/クラインマッターホルンのページから.  

41:エギーユデュミディ(Aiguille du Midi/3,777m)

やはりロープウェイで行けるエギーユデュミディ(Aiguille du Midi/3,777m)

やはりロープウェイで行けるエギーユデュミディ(Aiguille du Midi/3,777m)

写真のグランドジョラスやモンブランの展望台だ.ロープウェイで一気に昇ってこれるので楽チンだ.

以上アルプスハイキング2005/シャモニーのページから.  

42:富士山(Mt. Fuji/3,776m)

日本一の富士山(Mt. Fuji/3,776m)

日本一の富士山(Mt. Fuji/3,776m)

日本一の山の日の出前はご来光を待つ人でいっぱいだ.下に雲が立ち込めているが,そこを抜ければ輝く陽が見えてくるだろう.あ~っ寒い,早く昇って来て!

以上富士山2010年のページから.  

43:カラクリ湖(Karakuli Lake/3,670m)

ウイグルのカラクリ湖(Karakuli Lake/3,670m)

ウイグルのカラクリ湖(Karakuli Lake/3,670m)

カシュガルからバスでカラクリ湖に行った.生憎の天気であまり見通しが良くない.カラクリ湖対岸に霞んで見えるはムズターグアタだと思う.晴れていればコングール山も見える筈だが......

以上新疆ウイグルの旅2005/カシュガルのページから.  

44:玉龍雪山もう牛坪(Yulong Xueshan/Yak meadow/3,600m)

雲南省の玉龍雪山もう牛坪(Yulong Xueshan/Yak meadow/3,600m)

雲南省の玉龍雪山もう牛坪(Yulong Xueshan/Yak meadow/3,600m)

山の麓まではバスで,そこからここまではロープウェイで登れる.玉龍雪山中腹のこの辺りはチベット族のエリアで,もう牛(ヤク)の放牧が行われている.またチベット仏教の寺も建てられており,お坊さんの姿も見られた.

以上雲南省の旅2007/玉龍雪山のページから.  

45:サクサイワマンの丘(Sacsayhuaman Hill/3,580m)

クスコを展望するサクサイワマンの丘(Sacsayhuaman Hill/3,580m)

クスコを展望するサクサイワマンの丘(Sacsayhuaman Hill/3,580m)

インカ帝国の古都クスコ市の北にあるこの丘には巨石を組み合わせた石組みが築かれている.元々は3段重ねだったようだが,征服者スペイン人に破壊され,現在は基礎部分が残されている.またこの丘からは写真のようにクスコの街が完全に一望できる.

以上南米の旅2004/クスコ(続)のページから.  

46:黄龍(Huanglong/3,550m)

四川省の黄龍(Huanglong/3,550m)

四川省の黄龍(Huanglong/3,550m)

黄龍は岷山山脈の一部に位置し,石灰岩層が氷河に侵食されたカルスト地形だそうだ.石灰分の豊富な水が流れ続け,石灰華の沈殿したエメラルドグリーンや黄金色の池,滝,谷が形成されたそうである.驚いたのは東京ディズニランドと同じように,ゴミ拾いの人が頻繁にゴミを収集し,とても中国とは思えないことだった.なおこの地方はチベット族のエリアだそうだ.

以上四川省の旅2004/黄龍のページから.  

47:徳欽飛来寺(Deqin Feilai Temple/3,500m)

梅里雪山を展望する徳欽飛来寺(Deqin Feilai Temple/3,500m)

梅里雪山を展望する徳欽飛来寺(Deqin Feilai Temple/3,500m)

写真の梅里雪山を正面に望むこの地には,たくさんのチョルテンが並び,巡礼者が引っ切り無しに香を焚き,また経文を印刷した魔除けと祈りの旗タルチョーやルンタが無数に奉納されている.この一画には,京大/中国登山協会隊の遭難慰霊碑が建てられているが,残念ながら無残にも日本人遭難者名が削り取られている.

以上雲南省の旅2007/徳欽のページから.  

48:ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch/3,454m)

登山電車で行けるユングフラウヨッホ(Jungfraujoch/3,454m)

登山電車で行けるユングフラウヨッホ(Jungfraujoch/3,454m)

ユングフラウや,写真のアレッチ氷河を望む有名な展望地.鉄道のみで歩かずに行けるのがすごい.さすが下りは歩いたが.

以上アルプスハイキング2005/ユングフラウのページから.  

49:プーンヒル(Poon Hill/3,250m)

ゴラパニ近くのプーンヒル(Poon Hill/3,250m)

ゴラパニ近くの展望地プーンヒル(Poon Hill/3,250m)

写真のダウラギリ山群やアンナプルナ山群,ニルギリなど素晴らしい展望が開けている.2008年秋および1010年春に訪れたがどちらも好天に恵まれ,朝焼け,夕焼けが美しかった.

以上アンナプルナBCトレック2010/10-11日目:ゴラパニへのページから.  

50:タバンボグドBC(Tawan Bogd BC/3,100m)

モンゴルアルタイ山脈のタバンボグドBC(Tawan Bogd BC/3,100m)

モンゴルアルタイ山脈のタバンボグドBC(Tawan Bogd BC/3,100m)

アルタイ山脈タバンボグド山群のベースキャンプが張られる場所.目の前をボターニン氷河(Potanin Glacier)が流れ,雄大な光景が広がる.

以上モンゴルの旅2009/タバンボグドBCのページから.  

51:マチュピチュ(Machu Picchu/2,300m)

ペルーインカ帝国マチュピチュ(Machu Picchu/2,300m)

インカ帝国のマチュピチュ(Machu Picchu/2,300m)

マチュピチュとは「老いた峰」の意味だそうで,その名の通り山の上にある有名なインカ遺跡だ.宗教都市として捉える説が有力なようである.

以上南米の旅2004/マチュピチュのページから.  

52:シナイ山(Mt. Sinai/2,285m)

モーセ十戒のシナイ山(Mt. Sinai/2,285m)

モーセ十戒のシナイ山(Mt. Sinai/2,285m)

ユダヤ教聖典(旧約聖書)で,モーセが創造神から十戒を授かったとされる山なのでユダヤ教,キリスト教,イスラム教の聖地.頂上にはキリスト教礼拝堂やイスラムモスクが建てられている.頂上にはご来光に合わせて登頂する人がとても多かった.

以上中東の旅2006/シナイ半島のページから.  

53:ネムルート山(Nemrutdagi/2,200m(テラス,山頂は2,250m))

紀元前62年の石像群のあるネムルート山(Nemrutdagi/2,200m(テラス))

紀元前の石像群のあるネムルート山(Nemrutdagi/2,200m(テラス,山頂は2,250m))

石像群は紀元前62年,コンマゲネ王国の王アンティオコス一世がに建てたそうだ.王自身の石像や,ゼウス像など,様々なギリシャ神話の神々や動物が並ぶ.

以上トルコ紀行2012/ネムルート山のページから.  

54:高尾山(Mt. Takao/599m)

連日ハイカーで賑わう高尾山(Mt. Takao/599m)

連日ハイカーで賑わう高尾山(Mt. Takao/599m)

世界一ハイカーが多いと言われる高尾山.簡単に行けるので大好きだ.

以上高尾山2011年のページから.  

55:リカベトスの丘(Mt. Lycabettus/273m)

アテネ最高峰リカベトスの丘(Mt. Lycabettus/273m)

アテネ最高峰リカベトスの丘(Mt. Lycabettus/273m)

アテネ最高峰で標高273m.アテネの真中にあって周りに高いところがないのでよく見渡せる.地下鉄Evangelismos駅を降りると登るのに近かった.

以上アテネの旅2004/リカベトスの丘のページから.  

56:マウントイーデン(Mt. Eden/198m)

オークランド最高峰マウントイーデン(Mt. Eden/198m)

オークランド最高峰マウントイーデン(Mt. Eden/198m)

標高198mでオークランドで一番高い山.かつては火山,現在は死火山で,先住民族マオリの砦「パ」があったそうである.現在は山全体が公園になっている.

以上ニュージーランドの旅2003/オークランドのページから.  

57:シギリヤロック(Sigiriya rock/195m)

壁画で知られるシギリヤロック(Sigiriya rock/195m)

壁画で知られるシギリヤロック(Sigiriya rock/195m)

古代都市シギリヤは,シンハラ王朝のカッサパ王が5世紀にジシギリヤロックと呼ばれるこの巨大な岩の上に建設した王宮の跡.途中の洞窟には有名なシギリアレディと言われる壁画が数点残されている.

以上スリランカの旅2004/シギリヤのページから.  


Cannergy'sホームへ

Rev.1.0:2011/8/8
Rev.1.1:2013/8/8追記
Rev.1.2:2013/10/24 GMv3に
Rev.2.0:2015/4/17 モバイル対応に変更
Rev.2.1:2015/7/30追記