子供たち(8)

このページでは既存ページから転載し,バラドシト村の子(オマーン),ミスファットアルアブリーン村の姉妹(同),ニズワの子(同),タルディク峠の子(キルギス),サリタシュの子(同),サリモゴル先の子(同),叙事詩を詠う少女(同),サリモゴルの子(同),ジャララバードの子(同),コチコルの男の子(同),コチコルの女の子(同),ボコンバエバの子(同),鷹匠見習いの子(同),カラコルの子(同),ドゥンガンモスクの子(同),カルカラ谷の母娘(同),カルカラ谷の子(同),ウォンディポダンの子(ブータン),ヌブデン村の子(同),ブムタン(同),キキラ峠近くの子(同),トンサの子(同),パロの子(同)の写真を載せました.

バラドシト村の子(オマーン)

バラドシト村(Bald Sayt)の子

バラドシト村(Bald Sayt)の子

世が世であればバラドシトフォート屋上で敵の動きを監視する歩哨をしていたであろうが,今は私たち観光客に愛嬌を振りまいている男の子.実際丘の右の一番高いところにある高い建物はバラドシトフォート(砦)だったと思う.こんな山奥の村でも砦が必要だったということだ.

以上オマーン縦断2016/バラドシト村のページから.

ミスファットアルアブリーン村の姉妹(オマーン)

ミスファットアルアブリーン村(Misfat Al Abreyeen)の姉妹

ミスファットアルアブリーン村(Misfat Al Abreyeen)の姉妹

ミスファットアルアブリーン村(Misfat Al Abreyeen)の子どもたちが寄ってきて,モデルになってくれた.とても可愛い.皆姉妹であろうか?

以上オマーン縦断2016/ミスファットアルアブリーン村のページから.

ニズワの子(オマーン)

ニズワ(Nizwa)の子

ニズワ(Nizwa)の子

有名なニズワ金曜家畜市場(スーク)にヤギを連れてきた男の子.ヤギの扱い練習中のようだ.

以上オマーン縦断2016/ニズワの街のページから.

ワヒバ砂漠の子(オマーン)

ニズワ(Nizwa)の子

ワヒバ砂漠(Wahiba Sands)の子

ワヒバ砂漠デザートキャンプに休暇で来ていた家族のお子さんたち.手前一番小さい子が尤もらしい正装姿でおかしいし,かわいい.

以上オマーン縦断2016/ワヒバ砂漠のページから.

タルディク峠の子(キルギス)

タルディク峠(Taldyk Pass)の子

タルディク峠(Taldyk Pass)の子

標高3,615mのタルディク峠(Taldyk Pass)で,コークやファンタの空き瓶に馬乳酒を満たし,販売しているそうだ.ちょうど夏休み期間中で,家のお手伝いをしているのであろう.がんばっているね.

以上キルギス紀行2016/オシュからパミールへのページから.

サリタシュの子(キルギス)

サリタシュ(Sarytash)の子

サリタシュ(Sarytash)の子

まだあどけない顔からして多分5歳位であろう,が馬に跨がり颯爽と私たちの前に現れた.この子の歳にしては実に巧みな手綱さばきだ,いや~将来楽しみだな~

以上キルギス紀行2016/オシュからパミールへのページから.

サリモゴル先の子(キルギス)

サリモゴル(Sarymogol)先の子

サリモゴル(Sarymogol)先の子

サリモゴルの先,放牧村ユルト群からダートの道までは結構距離があり,車が出ようとした矢先になって子どもたちが集まってきてくれた.ありがとう.

以上キルギス紀行2016/オシュからパミールへのページから.

叙事詩を詠う少女(キルギス)

サリモゴル(Sarymogol)で叙事詩を詠う少女

サリモゴル(Sarymogol)で叙事詩を詠う少女

キルギスにはマナス叙事詩という有名な詩があるという.そしてこのマナス叙事詩を詠う専門家がいるのだが,普通青年層以上が一般的で,このような若い子(ブニサさんのお孫さん6歳)が....とガイドTさんも大変驚いたそうだ.本人がさらに幼い頃に興味を示し,習い始めたのだそうだ.

以上キルギス紀行2016/サリモゴル村のページから.

サリモゴルの子(キルギス)

サリモゴル(Sarymogol)の子

サリモゴル(Sarymogol)の子

機嫌よかった男の子を寝かせるために先ずこの揺りかごにぐるぐる巻きにする.しかもおしゃべりできないよう口に揚げパン(ボルソック)が咥えさせられる.その巻き方はめちゃくちゃきつい.男の子も束縛され,不快なのであろう泣き始めた.すると今度は揺りかごを左右に激しく揺らした.かわいそうに.

以上キルギス紀行2016/サリモゴル村のページから.

ジャララバードの子(キルギス)

ジャララバード(Jalal-Abad)の子

ジャララバード(Jalal-Abad)の子

ジャララバードのルクソラさん宅を訪ね,昼食を頂いた.両手にお孫さんを抱えてくれた.

以上キルギス紀行2016/カルダマ峠のページから.

コチコルの男の子(キルギス)

コチコル(Kochkor)の男の子

コチコル(Kochkor)の男の子

コチコル村レストラン庭先で遊んでいた男の子.

以上キルギス紀行2016/ボコンバエバのページから.

コチコルの女の子(キルギス)

コチコル(Kochkor)の女の子

コチコル(Kochkor)の女の子

同じくコチコル村レストラン庭先で遊んでいた女の子.

以上キルギス紀行2016/ボコンバエバのページから.

ボコンバエバの子(キルギス)

ボコンバエバ(Bokonbayevo)の子

ボコンバエバ(Bokonbayevo)の子

ボコンバエバの鷹匠さん宅を訪ねたが,留守で,代わりにお子さんたちが出迎えてくれた.

以上キルギス紀行2016/ボコンバエバのページから.

鷹匠見習いの子(キルギス)

ボコンバエバ(Bokonbayevo)の子

ボコンバエバ(Bokonbayevo)の鷹匠見習いの子

上鷹匠さん宅のご長男で,鷹匠を目指しているそうだ.頑張ってね.

以上キルギス紀行2016/ボコンバエバのページから.

カラコルの子(キルギス)

カラコル(Karakol)の子

カラコル(Karakol)の子

カラコルのロシア正教教会,三位一体教会には平日であるが信徒の人々が礼拝に訪れている.

以上キルギス紀行2016/カラコルのページから.

ドゥンガンモスクの子(キルギス)

カラコルドゥンガンモスク(Dungan Mosque in Karakol)の子

カラコルドゥンガンモスク(Dungan Mosque in Karakol)の子

カラコルの中国風建築のモスクに礼拝に訪れた母娘であろう.

以上キルギス紀行2016/カラコルのページから.

カルカラ谷の母娘(キルギス)

カルカラ谷(Karkara)の子

カルカラ谷(Karkara)の子

山羊取り合戦ウラクタルトゥシュ応援の家族だ.写真いいですか,と訊いたら,こんな風にポーズを取ってくれた..

以上キルギス紀行2016/カルカラ谷(2)のページから.

カルカラ谷の子(キルギス)

カルカラ谷(Karkara)の子

カルカラ谷(Karkara)の子

ペット扱いの羊は庭に留まりお嬢さんの遊び相手だ.

以上キルギス紀行2016/スキタイ古墳のページから.

ウォンディポダンの子(ブータン)

ウォンディポダン(Wangdue Phodran)の子

ウォンディポダン(Wangdue Phodran)の子

下校中の高校生であろう,皆同じ柄の伝統服ゴを着ている.通学の生徒や学生はゴ着用の義務があり,また学校毎にユニフォームとして同じ柄のゴ(女生徒はキラ)着用となるそうだ.

以上ブータン紀行2016/ウォンディポダンのページから.

ヌブデン村の子(ブータン)

ヌブデン村(Nubding village)の子

ヌブデン村(Nubding village)の子

屋根付き簡易市場の空きスペーでは子どもたちが遊んでいた.就学前の子はゴやキラではなくごく普通の服装だ.

以上ブータン紀行2016/東西横断道のページから.

ブムタンの子(ブータン)

ブムタン(Bumthang)の子

ブムタン(Bumthang)の子

ここはヨトンラ峠を越え,ブムタン県に入り,ブータン国二番目に長い(1.5kmくらい)真っ直ぐな道路辺りだ.ゴとキラの制服姿,中学生であろうか,が帰宅中だ.

以上ブータン紀行2016/東西横断道のページから.

キキラ峠近くの子(ブータン)

キキラ峠(Kiki La)近くの子

キキラ峠(Kiki La)近くの子

背中にテキストや文房具を入れた(多分)リュックを背負い,下校中の小学生だろう.キラを着ているので下校中と判るのだ.ブータンでは同じ学年でも年齢は必ずしも同じではないそうだ.入学年齢は本人(両親)が選ぶらしい.

以上ブータン紀行2016/トンサのページから.

トンサの子(ブータン)

トンサ(Trongsa)の子

トンサ(Trongsa)の子

ここはトンサの商店街.キラを着た下校中の小学生にレンズを向け,いい?と訊いたらポーズをとってくれた.ありがとう.左の子は学校で頂戴した花マルかな?

以上ブータン紀行2016/トンサのページから.

パロの子(ブータン)

パロ(Paro)の子

パロ(Paro)の子

二階レストランの下に小さな雑貨屋さんがあり,この子が笑顔を見せてくれた.店主の奥さんに訊いたら1歳と4ヶ月という.

以上ブータン紀行2016/パロのページから.