サンパウロSao Paulo

長いフライトの末,ようやくサンパウロに到着し,外の空気に触れる.

サンパウロに到着arrival in Sao Paulo

サンパウロ空港

サンパウロ空港

ロサンゼルスを経由し,長いなが~い時間ヴァリグブラジル航空機に乗って,ここサンパウロ空港に到着した.多分現在の普通の旅客機では航続距離が十分でなく,成田から直行便は不可能なのであろう.大サンパウロ圏の人口は約1,100万人で南半球最大,ブラジル最大の都市であるそうだ.イタリア系やユダヤ系,日系人が多く,最近では韓国系なども増えているようだ.内陸に位置するため,南方60キロのサントスを外港とするという.「サンパウロ(Sao Paulo)」は聖パウロのポルトガル語に相当するそうなので,Saoは英語のSaint(St.)に当たるようだ.中南米の経済,流通の中心地であるが,反面市内を流れる2つの川の汚染や,排気ガスや工場の排気による公害の問題も大きいという.また,100万人以上が市内に点在する貧民街に住み,貧困とそれに起因する犯罪の増加,慢性的な交通渋滞などが大きな社会問題となっているそうである.犯罪とまでは言えないであろうが,市内あちこちに見えるビル壁面の落書きには驚いてしまう.とても手の届かない高い場所に,どのようにして描くのだろうか?わざわざクレーン車でも用意するのだろうか?


下は,サンパウロ到着の写真あれこれ

サンパウロ到着の写真
サンパウロ到着の写真 サンパウロ到着の写真 サンパウロ到着の写真 サンパウロ到着の写真 サンパウロ到着の写真 サンパウロ到着の写真 サンパウロ到着の写真

市場Market

都心に程近いサンパウロの市場

サンパウロの市場は静かだ

ここは都心に程近い市場だ.市場の規模はそれほど大きい訳ではない.これだけの大都市だから,市場は他にも何箇所かあると思われる.人がいっぱいいて,喧騒にまみれているといった普通の市場に対するイメージは全く感じられない.とても静かな感じだ.近くに高級住宅街があり,お手伝いさんがよくショッピングに通う場所であるとも聞いた.


サンパウロ市場の商品は果物,野菜,魚に,日用雑貨が少し

市場の商品

並んでいる商品は果物,野菜,魚に,日用雑貨が少しといったところだ.市場の一画に,パステル(Pastel)と呼ばれるブラジルのファーストフードのお店があった.薄いパン生地にひき肉やチーズを入れて包んだ揚げもので,かなり大きい.美味しいと聞いて筆者も早速食べてみた.大きいので半分に切ってもらい,半分だけ食べたが,美味しいしお腹がいっぱいになった.若干油っぽいので,たまに食べるのが正解かも知れない.サンパウロの市場へ行けば,必ずパステルの露店があるそうだ.ひき肉,チーズが基本で,他にえび,野菜,鱈,バナナ,グアバ....などの入ったパステルもあるそうだ.

バスのバースト防止

バースト防止

市場とは関係ないが,ここに駐車しているバスのタイヤが皆このようになっているので.日本でも,他国でもあまり見たことがなかったので,ジュリアン西本さんという日系三世,日本語の上手なガイドさんに訊いてみた.空気圧センサの出力を監視し,パンクを検知したときに空気を送り,バーストを防ぐのだそうだ.ブラジルでは少なくとも観光バスは法律でこの装置搭載が義務付けられているそうである.


下は,サンパウロの市場の写真あれこれ

サンパウロの市場
サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場
サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場 サンパウロの市場

パウリスタ大通りAvenida Paulista

パウリスタ大通り

ブラジル経済の中心,パウリスタ大通り

サンパウロはブラジル経済の中心で,日本やアメリカ,スペインやドイツなどヨーロッパ諸国など,世界中の大企業や金融機関などが古くから多数進出しており,このパウリスタ大通り付近にこれらの企業のオフィスが集中しているそうである.東京であれば,大手町のようなところであろうか.ところどころに入り口が見えるが,地下鉄は現在4路線で運行され,新しい路線が建設中であるそうだ.


下は,パウリスタ大通りの眺め

パウリスタ大通りの眺め
サンパウロのパウリスタ大通りの眺め サンパウロのパウリスタ大通りの眺め サンパウロのパウリスタ大通りの眺め サンパウロのパウリスタ大通りの眺め サンパウロのパウリスタ大通りの眺め サンパウロのパウリスタ大通りの眺め サンパウロのパウリスタ大通りの眺め

東洋街Av. Liberdade

東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区

リベルダージ

東洋人街,リベルダージ(Liberdade)地区は市の中心地にあるようだ.写真のように街の入口に鳥居があり,小さな日本式庭園が見えたりしている.何より日本語や中国語の看板がたくさんかかっているので,一目瞭然だ.元々は日系人が多かったので日本人街であったのだが,近年は中国系や韓国系など,他のアジア系住民も増え,それに伴い東洋人街に改名されたそうである.


下は,東洋街の眺めあれこれ

東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区
サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区
サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区 サンパウロ東洋人街リベルダージ(Liberdade)地区

イビラプエラ公園Parque do Ibirapuera

イビラプエラ公園の奥地探検隊石像

奥地探検隊石像

1954年,サンパウロ市政400年を記念して造られた市営公園.120ヘクタールの広大な敷地内に,大小の池や広大な芝生の中に様々な施設が設けられているそうである.写真は奥地探検隊像(バンデイランテス)(Monumento dos Bandeirantes) と呼ばれる石像だそうで,1953年,サンパウロ市の399回の誕生日(どうして400回でないのか?)に記念碑の除幕式が行われたそうだ.彫刻家ビクトールブレシェレッチ作で,高さ12m,長さ50m.バンデイランテの探検/開拓を表現したもので,前方の馬上にはポルトガル人の団長,案内のインディオ,その後ろにインディオ,黒人,ポルトガル人,白人とインディオの混血マメルコスのグループが,カヌーを引っ張っている.


下は,イビラプエラ公園の写真あれこれ

イビラプエラ公園
イビラプエラ公園 イビラプエラ公園 イビラプエラ公園 イビラプエラ公園 イビラプエラ公園 イビラプエラ公園 イビラプエラ公園

サンパウロの市内City of Sao Paulo

ブラジル料理店

ブラジル料理店

この看板のお店で昼食を食べたのであるが,たしかビーフだったかな~?スープと生野菜もあった,と思う.これはイグアスのレストランでシュラスコ(churrasc:ローストビーフのようなもの)を食べたとき教えてもらったのであるが,ブラジルでビーフの最高部位はクッピン(セブ牛の背中のコブ部分)だそうである.確かに美味しかった.背中にコブのあるセブ牛は,インドとかネパールではよく見かけるが,ここブラジルでも多いのであろうか.次に人気が高いのはピカーニャ(テンダーロイン),アルカトラ(トップサーロイン)辺りであるそうだが,まあ順当だろう.しかしフィレは必ずしも人気が高くはないようである.

サンパウロの通りを行く人々

通りを行く人々

サンパウロの通りを歩くと,色々な人種が見られる.ブラジル人は,先住民,植民当時のポルトガル系,アフリカからの黒人奴隷の子,19世紀半ばからブラジルに定住するためにポルトガル以外のヨーロッパ,中近東,日本を中心としたアジア系移民,の大きく4つのグループに分かれるそうだ.ヨーロッパ系ブラジル人の多くは元ポルトガル人で,ポルトガル人と原住民,黒人奴隷との結婚は普通であったそうだ.後に続くヨーロッパ系や日本や韓国などのアジア系移民が多様な民族と文化の形成を続け,多民族国家の中でも比較的民族差別が少ないといわれるそうである.実際どの程度のものか筆者には判断できないが,サッカーチームのメンバー構成など眺めているとそんな風にも感じる.


下は,サンパウロ市内の写真あれこれ

サンパウロ市内の写真
サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真
サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真 サンパウロ市内の写真

さてこの後,空路サンパウロからイグアスに向かった.



Cannergy'sホームへ