カンチェンジュンガBCトレック2009

パンペマ(Pangpema:5,143m)でカンチェンジュンガ(Kangchenjunga:8,598m)を望む

パンペマ(北B.C.)でカンチェンジュンガを望む

はじめに

このページ『カンチェンジュンガBCトレック2009』(Kangchenjunga B.C. trek, 2009)は,筆者カナジーが2009年10月-11月グループツアーに加わり,ヒマラヤのカンチェンジュンガ(Kangchenjunga:8,598m)北ベースキャンプのパンペマ(Pangpema:5,143m)までの往復トレッキングの際に撮った写真を整理して編集したものです.カンチェンジュンガはエベレスト,K2に次ぐ世界第三位の高峰で,ネパール/インド(シッキム)国境に聳え,北B.C.のパンペマはネパール側にあります.

ページの構成

以下の各編が順に表示されます.

はじめにのページ
このページです.

旅程のページ
今回のトレック行程を表で記した.また宿泊地がテントかホテルかの別,宿泊地の標高を示した.

マップのページ
カンチェンジュンガBCトレッキングのルート地図上に宿泊したテントサイト,見た山を記した.またそれらの地点のクリックで該当ページにジャンプするようにした.

ビラトナガールへのページ
このビラトナガール編ではネパールビザの取得,バンコク,カトマンドゥ,ビラトナガールに至るまでの写真と記事を掲載した.

タプレジュンへのページ
このタプレジュン編では10月26日ペディムに行く行程,27日バンダ(ゼネスト)のためペディム滞在,28日タプレジュンまでの行程の写真と記事を掲載した.

プルンバへのページ
このプルンバ編ではタプレジュンを出て,マニバンジャンを経て,プルンバまでの行程,この日見た花の写真と記事を掲載した.

チルワへのページ
このチルワ編ではプルンバを発ち,リンキムを経て,チルワまでの行程,この日見た花の写真と記事を掲載した.

セカトムへのページ
このセカトム編ではチルワを出て,タメワを経てセカトムに至るまで,この日見た花の写真と記事を掲載した.

アムジラッサへのページ
このアムジラッサ編ではセカトムを出て,ラマタールで昼食をとり,アムジラッサに着くまでとこの日の花の写真と記事を掲載した.

ギャブラへのページ
このギャブラへ編ではアムジラッサを出て,中間点を経て,ギャブラに到着まで,この日の花の写真と記事を掲載した

グンサへのページ
このグンサへ編ではギャブラを出て,フェレに来て昼食をとり,グンサのキャンプサイトに到着,および翌日グンサ滞在でゴンパ上の丘に登ったとき,花などの写真と記事を掲載した.

カンバチェンへのページ
このカンバチェンへ編ではカンバチェンへ編で,グンサを出て,ラポークを通り,ランブクカルカで昼食を食べ,カンバチェンに着くまで,および翌日カンバチェンに滞在しジャヌーベースキャンプを訪れたときの写真と記事を掲載した.カンバチェンではジャヌー,ポレ,カーブル,シャルプーなどが楽しめた.

ロナークへのページ
このロナークへ編ではカンバチェンを出て,ラムタンで昼食をとり,ロナークに向かい,枯れ花など眺めつロナークに至り,その裏の丘登りを行ったの写真と記事を掲載した.この日はジョンサン,ドローモ,メラ,カンバチェン,カンチェンジュンガ,ウエッジピーク(チャング)などの山を望むことができた.

パンペマへのページ
このパンペマ編ではロナークを出て,中間点を歩きながらパンペマに到着するまで,それとパンペマ裏山に登ったとき写真と記事を掲載した.この日はシャルプー,メラ,ツインズ,テントピーク,ネパールピーク,カンチェンジュンガ,ヤルンカン,カンバチェン,ドローモといった山を眺めることができた.

下りロナークへのページ
このロナークへ下る編ではパンペマの朝,パンペマからロナークに下るとき,ロナークに着いてからの写真と記事を掲載した.

下りカンバチェンへのページ
このカンバチェンへ下る編ではロナークの朝,ロナークからどんどん下り,カンバチェンに着くまでの写真と記事を掲載した.

下りフェレへのページ
このフェレへ下る編ではカンバチェンを出て,グンサ辺りを通過し,フェレに着くまでの写真と記事を掲載した.

下りアムジラッサへのページ
このアムジラッサへ下る編ではフェレを出て下り,ギャブラ辺りを経てアムジラッサに着くまで,および見かけた花の写真と記事を掲載した.

下りチルワへのページ
このチルワへ下る編ではアムジラッサを出てセカトム辺りを通り,タメワ,タペトックを経てチルワ到着,および花の写真と記事を掲載した.

下りミトルンへのページ
このミトルンへ下る編ではチルワを出てタワを過ぎ,川原で昼食をとり,午後シワン辺りを経てミトルンに着くまで,それとこの日の花の写真と記事を掲載した.

下りタプレジュンへのページ
このタプレジュンへ戻る編ではミトルンを出て,途中経路を経てタプレジュン到着まで,および翌日のタプレジュン滞在の写真と記事を掲載した.

カトマンドゥへのページ
このカトマンドゥへ編ではバスでタプレジュンからイラムへ下り,翌日さらにバスでイラムからビラトナガールに行き,ビラトナガールからカトマンドゥへ飛び,あくる日カトマンドゥに滞在し,さらに次の日バンコク経由で帰国するときの写真と記事を掲載した.

山別写真編のページ
カンチェンジュンガトレッキングで眺めた山の写真を,山別に集めて掲載した.

資料のページ
カンチェンジュンガトレッキングの印象と,トレッキング関連資料を載せた.

スライド版

slideカンチェンジュンガ2009スライド版
では写真をスライドショー形式で見れるようにしました.こちらもご覧ください.



Cannergy'sホームへ

Rev.1.0:2009/12/31
Rev.2.0:2015/4/17
モバイル対応に変更