ボリビア紀行2015

ボリビアで巡った各地のコラージュ写真

ボリビアで巡った各地のコラージュ写真

はじめに

これはボリビア紀行(a 13-day tour of Bolivia, 2015)トップページで,以降一連のページに,2015年6~7月,パッケージツアーでボリビア旅行したときの旅程やマップ,撮影した写真にキャプションを添えた訪問地別ページ,および,資料ページで綴りました.

今回ツアーの最大目的はアンデス山脈にあるウトゥルンコ山(Uturunco:6,008m)に登ることだった.アンデスで最も簡単な6000m峰と言われ,事実かなり高い標高まで車で入り,順調に歩いていたが,途中5,881m地点でメンバーのお一人が急に高度障害で倒れ,中断することになった.スタッフの皆さんの手で少し低いところに移動し,医師の診察を受けたが,お気の毒なことに亡くなられた.今はご冥福を祈るばかりだ.

このような残念な結果となったが,別途幾つかのハイキングや観光は予定通り消化し,いつものように写真に収めた.忘れる前にこれらをまとめておきたい.

ページの構成

以下の各編が順に表示されます.

はじめにのページ
このページで,全体のインデックス.

旅程のページ
成田を出て,DFW/マイアミ経由でボリビアの首都ラパスに到着.以降ラパス見物,コンドリリ展望ハイク,サハマ展望ハイク,コイパサ塩湖,ウユニ塩湖ドライブでビニャマル,アタカマ高地を南下しカピナ湖,コロラダ湖を見物,高所順応ハイクを行い,ソルデマニアーナ間欠泉見物し,さらに南下しサラダ湖,ポルケス温泉,ベルデ湖,リカンカブール山など見物し,ウトゥルンコ峰麓クエテナチコ村で宿泊,翌朝車でウトゥルンコ山(6,008m)コルへ至り,登山開始/中断,下山しコルチャニで一泊後,ラパスへ戻り,ティワナク遺跡見物.そしてラパスから,サンタクルス/マイアミ/DFW経由で成田,と巡ったときの行程を表形式で載せました.

マップのページ
このページでは,Googleマップ上に,今回ボリビア旅行で訪れた場所,成田,ダラス/フォートワース,マイアミ,ラパス,ワイナポトシ峰,コンドリリ峰,トゥニ湖,エルアルト,サハマ山,トマラピ村,アタカマ高地,コイパサ塩湖,タフア,ウユニ塩湖,インカワシ島,ビリャマル,コロラダ湖,ベルデ湖,クエテナチコ,ウトゥルンコ山,コルチャニ,ウユニ空港,ティワナク遺跡,サンタクルスをマーカーで示しました.

ラパスへのページ
2015年5月29日,成田を出発し,ダラス/フォートワース(米),およびマイアミ(米)を経由し,ラパスに到着するまでの写真を添えて載せました.

ラパスの街のページ
2015/5/29~30,および6/6ラパスの街を訪れたときの見聞,具体的にはラパス空港からラパスの底に下るときの様子,カラコト周辺,キリキリの丘,ムリリョ広場,民族博物館,ハエン通り,サガルナガ通り,サンフランシスコ教会,ロープウェイ,新市街ソポカチ,フォークローレなどの写真を載せました.

コンドリリ展望ハイクのページ
5月30日,アンデスレアル山脈コンドリリ山展望ハイクのために麓へ訪れるとき,コンドリリ展望ハイク,ラパスに戻るときの写真を載せました.

エルアルトのページ
ボリビアに到着したとき,コンドリリハイクの行き帰り,ティワナク遺跡の行き帰りで通過したときのエルアルトの街風景写真を載せました.

サハマのページ
2015/5/31(日)ラパスのホテルを発って,街道を南下し,サハマ国立公園に入りトマラピ村に到着,そこで昼食後サハマ展望ハイクに出かけたときの写真にキャプションを添えて載せました.

タフアへのページ
2015/6/1(月)サハマ国立公園のトマラピ村を出て,露天風呂のあるサハマ温泉に寄り,サハマの街に立ち寄り,アタカマ高地を南下し,コイパサ塩湖を通り,またウユニ塩湖を通過し,同塩湖縁のタフアに到着したとき撮った写真にキャプションを添えて載せました.

ウユニ経由ビリャマルのページ
6/2(火)タフアのロッジを出発し,ウユニ塩湖を走りトゥヌパ火山麓に着き洞窟など見物,そして再びウユニ塩湖に入りインカワシ島に至りハイキングと昼食,そしてまたまたウユニ塩湖を走り,南湖畔から上陸しフラカ駅に来て休憩.そこからはアタカマ高地の荒れ地を延々と南下し,この日の終点ビリャマルに到着.そんな一日の写真にキャプションを添えて載せました.

クエテナチコへのページ
6月3日朝ビリャマルを出て,翌日登る予定のウトゥルンコ山を西側より展望し,カピナ湖を経て,フラミンゴの棲むコロラダ湖に至り,次に標高5,000mくらいの場所で高所順応ハイクを行い,ソルデマニアーナ間欠泉に下り,ポルケス温泉に来て昼食.午後はチリ国境間近のベルデ湖に至りリカンカブール山を眺め,ここでUターンし元来たのサラダ湖少し先まで戻り,北東に折れてウトゥルンコ山南面を展望しながら,クエテナチコのロッジに到着した.これら各地の写真にキャプションを添えて載せました.

ウトゥルンコ山ハイクのページ
6/4(木)クエテナチコを車で出発し,ウトゥルンコ双耳峰コルに至り,ここからウトゥルンコ山登り開始.途中標高5,881m地点で事故がありコルまで下山,続いて車でクエテナチコへ戻り,預けた荷物を積んでビリャマルへ行き,宿泊.こうした一日の写真にキャプションを添えて載せました.

コルチャニへのページ
6/5(金)ビリャマルを発って,奇岩帯で岩を眺め,サンクリストバルを通過し,ウユニの列車の墓場を見物し,ウユニの街で昼食を食べ,午後コルチャニに来たときの写真にキャプションを添えて載せました.

ティワナク遺跡のページ
6/6(土)朝ウユニ空港からラパスへ飛び,専用バスでティワナクへ行き,ティワナク遺跡を見物,そしてティワナク風の昼食後ラパスへ戻ったときの写真にキャプションを添えて載せました.

帰国のページ
6/7(日)ラパスを離れ,先ずサンタクルスへ飛び,次にマイアミへ飛び,さらにダラスに来てここで一泊.翌6/8(月)午前ダラスを飛び立ち,次の6/9(火)午後成田に到着し,旅行完了.これらの写真にキャプションを添えて載せました.

資料のページ
筆者のツアー中の血中酸素飽和度,およびボリビアと経由地米国ESTA関連資料を載せました.

スライド版

slideスライド版ボリビア紀行2015
では写真をスライドショー形式で見れるようにしました.こちらもご覧ください.


Cannergy'sホームへ

Rev.1.0:2015/7/8